塗装床面への文字入れ

2液性のエポキシという種類の床用塗料で塗られた床面でした

自動車がハンドルを切ったりしてもタイヤとの摩擦で

めくれたりしないカチカチ系の塗料のようです

そこへの線引きや番号書きなども 同じ塗料を使用しないと

せっかくのカチカチの意味がない という事で

初めて使う種類の塗料での床面文字書きでした

まずは線引きをして塗料の感じを確かめました

紙テープを貼って ローラーで塗りこみました

そんなに乾燥は早くないけど ゴテゴテしてて筆での文字書きには全く適してないようでした

そこで 筆での文字書きを諦め

紙テープを貼り そこへ下書きをして

フリーハンドでカッター切りして 不要部を剥がし
201841_3.jpg

同じようにローラーで塗りこみました
201841_4.jpg

2度塗りしてから剥がすと

なんという事でしょう~
201841_5.jpg

素晴らしい仕上がりでした~
201841_6.jpg

計7台分をやりました
201841_7.jpg


溶接も調子良くやってますよ
201841_1.jpg

色を塗ってから外板を張り 額縁を付けます
201841_2.jpg


あと神戸の須磨まで金属銘板を取り付けてきましたよ~

行き帰りにかなりの時間を費やし

現場作業は20分程度でした
201841_10.jpg


役所内の案内板の変更もやりました
201841_9.jpg

なるべく きっちりと色を合わせたいのですが

少しだけ違いましたね これ 現物を支給して出力してもらったんですが

これくらいしか合わないものなんですかね


花見に岸和田城へ行ってきました 

桜も綺麗でしたが 無風の鏡のような水面に映る城も綺麗でしたよ
201841_8.jpg

撮影者もドッサリ来てました

今日から年度が変わりました 頑張っていきますので

また読んで下さい

スポンサーサイト

2018/04/02 14:55 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |