ちょこちょこと書かせてもろてます

まずは ツイッターやFacebookでまあまあ反響があった作業です

出来上がって乾燥までしてしまった看板の文字を訂正する方法
※今回のは 私のミスではございませんよ

先日 ターポリンにインクジェット出力した懸垂幕を納品したのですが

数日後に『定休日を変えたい』と言い出しまして

苦肉の策です

昔は こういう訂正の仕方を良くやりました

まず 訂正箇所に新規の文字を直接書き込みます
2017913_1.jpg
※日の上に火を書いてあります

下地の色に合わせた塗料で周りを塗りこみます
2017913_2.jpg

インクジェット出力の溶剤インクと修正塗料の艶の差で色が違うように写ってますが

もっとバッチリ合ってます

看板などで 下地に使った塗料が残ってる場合は

『日』のはみ出したとこだけ塗ります

こうやれば 現場で塗料が乾くのを 待つ必要がありませんし

今回使用したテントカラーのような 重ね書きがやりにくい塗料では

有効な手段です

かの ジョン・ダウナーも『俺が教わった方法と同じだ』というて

Facebookでシェアしてくれました


あとは 車屋さんの看板を付けたり
2017913_4.jpg

ちょっとした建て看板に文字を書いたり
2017913_3.jpg

芦屋のお洒落なジム内で文字を書き
2017913_5.jpg

スタッフの方々に喜んで頂き 記念撮影したり
2017913_6.jpg

それなりに 文字書きライフを楽しんでおります


それから 少し気になった事があるので載せます

決して これを製作した方々をけなしているのではありません

エージング技術は見上げたものです

もし これを読まれたら 気を悪くせず 次の製作時のヒントにして下さい

映画のセットに使われた看板です
2017913_7.jpg

物凄く上手にエージングされているのですが

書体そのものに古さを感じませんし

下地の黄色のとび方に対して 黒がトビすぎてます

また 黒がとんで透けてる部分が黄色ではなく白すぎるように見えます

意味不明な角丸の書体も気になります

皆様どうでしょうか?

スポンサーサイト

2017/09/13 09:11 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |