アメリカからやってきた看板文字書き職人 ジョン ダウナー

僕たちのような者が言うことではないが

結論から言うと ジョン ダウナーは 本物の看板職人やった

文字の美しさ とか そういうのは勿論やけど

何より 作業の段取りを最優先に考える本物の現場書きのできる看板職人であった

もちろん こんなビッグなお客さんが我々を知っているはずはなく

『世界の小林さん』の紹介である

この日 ジョンと小林さんを迎えるために我々が朝から用意していたのは
20161027_1.jpg

たこ焼き と 三枚バラの炭火焼きである

二人が着いてからは たこ焼きを焼きながら作業を進めていった
20161027_2.jpg
※左隅で顔だけ見えている女性が たこ焼きを担当してくれた春花さんであり、その場所で焼いているのである。

まず ご挨拶と ジョンの作品を少し見せてもらいました
20161027_3.jpg

書体・色使い・レイアウトなど 全てがオールドアメリカンで格好いい

それと 筆などの道具の説明
20161027_4.jpg

それが終わると ジョンは

『君たちの道具や作品を見せてほしい』的な事をリクエストしてきたのですが

その日の作品といえば 豚の三枚バラしかなかった為

大きな紙を用意して 文字を書こうとしたら

作業段取りが素早いジョンは 

先に書きだしてしまいました

やることなす事 昔の文字書き職人の先輩たちがやっていたようなやり方で感動しました

とりあえず 僕たちが いつもの講演のときのような大きな丸ゴシックを書いたのですが
20161027_5.jpg

喜んではもらえたものの なんか少し物足りなさそうで

ジョンが色々と説明しながら ガンガン書いて見せてくれました
20161027_7.jpg

書きだしたら もう止まりません
20161027_6.jpg

どうやら ジョンは ワンストロークの一筆書きに魂を注いでいるようで

それこそが 看板文字書き職人の本領であると考えているらしい

そこで 僕が一筆書きのカタカナを書いて見せたら

これが 大喜び

記念撮影までしてました
20161027_8.jpg

板倉くんは 漢字とひらがなで
20161027_9.jpg

一筆書きのときの筆遣いなんかを見てみたかったようです

一同 テンション上がりまくりで 三人そろっての記念撮影
20161027_10.jpg

なんか しょうもない事を誰かが言うたのか えらい笑っております
20161027_11.jpg

僕たちが書いた文字に飾り罫を入れてくれました
20161027_13.jpg

これの線引きのやり方は圧巻でした

前日の東京でのワークショップでも拍手喝采であったと聞きました

楽しい時間は あっという間に過ぎます

なかなかの時間になってきたので 皆で寄せ書きをしまして記念撮影
20161027_12.jpg

ここに立ち会った人達全員で書きました

しかし ジョン ダウナーは 僕たちが昔憧れた日本の看板文字書き職人たちが 共通してまとっていた

ある種の雰囲気と同じものを身に付けていました

文章で説明するのは難しいのですが

書いて喜んでいる雰囲気とか それを見て笑うタイミング とか

文字を書くうえで 気を付けることとか 作業の順番なども全て同じでした

あれこれ 僕らの筆も使って試してみたり 

道具にも興味を持っていて そういう話も大変楽しませてもらいました

この後 小林さんと大阪市内に戻り

筆屋の雄進堂にも寄ったみたいです
20161027_15.jpg

一日中 お疲れ様でした!

さすがのジョンも少し 疲れたようです
20161027_14.jpg

また 会いたいものです

スポンサーサイト

2016/10/28 10:03 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |