パイプテント天幕への文字書き

運動会やイベントで良く使われてるパイプテントの天幕へ

〇〇町内会 とか 〇〇小学校 とか 文字が入ってますよね

あれ 全部手書きなんです

折りたたんだり こすったり 引きずったりする品物ですから

恐らく 貼ることはないと思うし

よほど枚数が無い限りは 印刷もないやろから

たぶん どこも書いてるはずです

テント屋さんが自分とこで書いてるのが殆どやないでしょうか

プリントアウトしたものや プロッターでペン書きした物で型をとったりすれば

誰でも書けます

中には シートを抜きで切って それを貼り付けて

塗料を塗りたくって はがす というステンシル方式でやってる人もおるでしょう

当店では 文字書き職人最後の世代として

段取りを省きまくってやっております

そこにかかる時間と仕上がりに違いがあると思います

今回のは 色指定はもちろん 書体やレイアウト指定もあり

なかなか手ごわいデザインでした
2016615_1.jpg


これ 片面だけやなくて 裏面もあるんです

なかなか ぞっとしますが 一気に仕上げました

下の段の文字も結構丁寧に仕上げてるんですよ
2016615_2.jpg


この塗料 重ね書きしたら 下塗りの塗料を溶かすんで

一発で線を書けない人には 重ね書きって なかなか難しいもんなんです

やったことある人にしか わからんけど


そして 書き仕事が終われば 返す刀で

溶接作業でした
2016615_3.jpg


変わった形の鉄骨になってますが これには意味があります

取り付け後も載せますんで お楽しみにー

スポンサーサイト

2016/06/06 10:22 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |