嗚呼 大相撲

宇良という 面白い相撲を取る人が相撲界に入ってから

ちょくちょく相撲関連の新聞記事やネットニュースなどはチェックしていたが

あれよあれよという間に出世して 今場所から十両に昇格して

なによりも10勝もあげて 勝ち越してしまった

残念なのは 十両の取組が始まってスグくらいの出番なので

テレビ中継では見られない事であるが

Facebookなどで関連記事や動画などを見れるので チェックしている

なんか 思いもよらん動きや態勢になったりするので 見ていて大変おもしろい
2016523_1.jpg

体が小さいが 凄い身体能力で 相手の力を利用して技をかけてるような感じで

勢いを殺さずに技がかかるので いつも土俵の外まで吹っ飛んでしまう

ケガが心配やなぁ

この宇良関が見事に綺麗な四股を踏むのだが 探しても良い写真がないので

来場所のテレビ中継をお楽しみに
※来場所はテレビの中継がありそうな位置へ昇進するはず

で そんなこともあって他の取組を見たりすることも増え

数十年振りにテレビ中継を何度か見たが 色んなとこが昔と違ってておもしろかった

まず十両・幕内の土俵入りの所作で 最後に両手を上げるのだが

昔はひじを曲げて顔の前くらいにしか上げなかったのに
2016523_3.jpg
今は 思い切りバンザイしていた

それから 白鵬の土俵入りを見てビックリした

四股を踏む前の反動の付け方とか せり上がりの後 両手を更にピンっと広げるポーズとか

めっちゃ 恰好悪かった

なにより 四股が格好悪い

千代の富士の四股は恰好良かった
2016523_2.jpg

一つ一つの所作も 全てが格好良かった
2016523_4.jpg

僕は相撲大好き少年だった

小学生の頃 春場所がくると兄貴たちと始発に乗って当日券を買いに行って見にいった

ちょうど千代の富士が活躍している頃でした

昔を懐かしむオッサンの考え方ではなく

月とスッポンくらいの違いがあると思います

それよりも何より残念やったのは 呼び出しの声

かつては 寛吉という名人がいて

テレビ中継でも 寛吉の声の場面だけは アナウンサーも黙って

呼び出しが終わってから『呼び出し寛吉の声で・・・』と 中継してたはずで
https://www.youtube.com/watch?v=7lc1T2dfWCs

その声を聴くのも楽しみやったのだが

今の立呼び出しの声は ヤバくないですか?

あんな事になってしまってるんですね


ずいぶん昔に何かの記念行事の時

千代の富士と 誰かもう一人が向かい合ってポーズをする土俵入りみたいなんを見た事がある

あれ 恰好良かったなぁ と思って調べてみたら

『横綱 三段構え』という神聖な行事らしい

テレビで見たんやと思うけど 相手は北の湖やったみたい
2016523_5.jpg

今 これせなあかん事になった場合

白鵬では あかんのちゃうか

スポンサーサイト

2016/05/23 09:24 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |