大同ハイカラーとの哀しき別れ と 大同塗料万歳!

僕たち看板文字書き職人達が ←いったい全国に何人おるのか?

愛してやまない文字書き用塗料

大同ハイカラーが とうとう製造中止になってしまいました

Kカンバンが塗料屋で聞きつけて すぐに連絡をくれました

僕はすぐに 大同塗料へメールを送り

この塗料が いかに必要であるか どれだけ使ってきたか

これからどないしたらええのか?などを訴え

ちょうど 色んな文字書き動画を発信してるので

この塗料を使って どんな事をやってるかを いっぺん見れ

という事も書いた →動画の数々 https://www.youtube.com/channel/UCVNG0ksieUEuc0_-Ev-DKVA

もちろん これでどないかなるなどとは考えてなかったけど

やむにやまれぬ思いというか そういう感じでした

すると思いがけず 担当者から電話があり

今回 ハイカラーを廃止する理由(鉛を配合してる塗料を廃止せなあかんなど)を述べたあと

代替え品となる無鉛の『速乾ハイカラー』 ←ずっと以前からある

の売り込みも含め サンプルを持って 一度お会いしたい と申し出てくれた

ユーチューブ動画を見て感動してくれたらしい

そして今朝 うちのコウバへ寄ってくれた
2016423_1


速乾ハイカラーは 数年前 塗料屋へ ハイカラーの『ローズ』という色を買いに行った時

在庫が無い というか もう無い というような事を言われ

一缶だけ買ったことがあり 一つだけ保管していたが

良く考えれば あの頃もうすでに廃止へ向けて生産を調整してたんかもしれない

今回 サンプルとして『黒』を頂いたので これから使ってみる
2016423_3

缶のデザインがメタリック調印刷のかっこいいやつから

紙ラベルに格下げになってしまってるが しかたないかもしれない

大同塗料の人が説明するには

今の会長を務めてる方は 

字書き全盛の看板屋の時代に営業をしていた人物であり

当時 看板用の塗料で 大同の名前を大きくしたのだから

この種類の塗料は なるべく廃止してはいけない と

社員教育しているらしい

素晴らしい会長である

言われてみれば 今 うちにも これだけの大同製品がある
2016423_2

全て看板屋に限定される塗料やから

恐らく 恐ろしいほど売れてないんやと思う

でも 僕らにとっては無くてはならない塗料であり

製造してくれてる事に 感謝しております

どうか これからも作り続けていってもらいたいものです


今 全国で『看板文字書き』的な事をやってる人の中でも

この塗料の事を知らん人もおるかもしれません

風呂屋の富士山の絵を描いてる人も かつては これで描いていたでしょうし

色んな用途で使われていたと思います

現代 『ペインター』とか かっこいい名前で職業にしてる

西洋風な文字やイラストを描いてる人らも

いっぺん 大同塗料を使ってみなはれ

間違いは おまへん

スポンサーサイト

2016/04/23 11:04 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |