あー 楽しかったぁ!和文と欧文ワークショップ

遥かドイツから このブログを読んでくれた小林 章さんが

引っ張り出してくれたおかげで

手書き看板屋の仕事の一部を 若いデザイナーさん達に見て頂く事が出来た。

手書き看板屋の末っ子世代である我々が 泉州の片隅で細々とやってきた事で

お金を払ってまで見に・聞きに来てくれる人達を

楽しませる事が出来るのかが 正直言うて不安やったし

5時間近くの長丁場を飽きさせずクリアできるとは思えんかった

ところが蓋をあければ 小林さんの見事な誘導により

我々は気持ちよく泳ぐ事が出来

終われば拍手喝采 時間は足らんなぁ という大成功←自画自賛

で終わる事ができた

スタッフの皆さん・小林章氏・参加してくれた皆さんには大変感謝しております

しかしデザイナーなる方達は手強い!

筆を持ってのワークショップではビシビシ指導を との要望があったので

色んなパターンを想定していたが

それを軽く裏切るセンスの良さに舌を巻いたのは我々の方でした

中には そのまま売り物になるでって言う位の文字を書く人も居て

あと数回参加するうちに『もう君たちからは学ぶ事は無い』と言われそうで

ヤバさを感じる程でした

また対談のみで帰ってまう人らにも申し訳ないから と

用意していた燻製も
燻製2

その形のグロさから 食ってもらわれへんかなぁ とか考えてたが

大量の燻製が完食!これも 嬉しかった

ワークショップやらの画像を このブログに載せまくって・・・・

というはずやったんやけど 結局写真は写さずで終わりました あかんなぁ

終わってからの段取りなんかも良くわからず

東京へ直行する小林さんとは すぐにお別れをし 会場を後にしたが

ほんまの事を言うたら 若いデザイナー達と食事でもしながら酒を飲みたかった

小林さんがおらんようになったオッサン2人には大して興味もないはずなんで

最近話題のグランフロント大阪へ場所を移し
グランフロント

イタリア料理屋でワインをスコンと1本いわし

返す刀で 沖縄料理店にて泡盛をいわし
沖縄料理

最後は終電近くまで飲んでおったそうな

今までにない感動をもらった日曜日でありました

また会える事を楽しみにしております

※今回の反省点はワークショップの時のネタ(塗料)を配ったり薄めたりする時間がもったいなかったのと、割り付け線を全て僕らが引いていたので時間のロスがあった事。ネタは中休みの間に出来るし、割り付け線はガイドにできるような型紙を用意したらOKやから、次回があるのなら対応できます。雄進堂のアウトレット筆は使いやすかって安心した。また呼んでね~!



仕事では久しぶりの長文文字書き

子供がめくったり傷付けたりの可能性が高いので

切文字貼りや出力ではなく『手書き』の指定

割れにくい塩ビの5mm板に←これも懐かしい!

割り付け線を引き
公園注意書き1

ガンガン書いていきます
公園注意書き2

全部書き終わって
公園注意書き3

ルビをうったら 完成
公園注意書き4

やっぱり文字書きはおもしろい


しかし色んな勉強になった週末でございました 皆さんありがとう


スポンサーサイト



2013/05/13 09:15 |書き文字COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

コメント

ありがとうございました!

昨日、東京から参加した者です。
とっても楽しめました!また開催していただきたいです^^

いろんなお話、もっと伺いたいです。

No:188 2013/05/13 09:38 | Yuko Sangawa #6facQlv. URL編集 ]

こちらこそ ありがとね~
東京からやってくるって 凄いフットワークやね。またどこかで お会いしましょう!

No:189 2013/05/13 15:12 | しゅう #- URL [ 編集 ]

ありがとうございました!

ワークショップに参加した者です。
実践することで、看板屋職人のスゴイ技を体感し、感激でした☆
手書きも出来て文字の形に精通する看板職人さんが、日本にどうか残っていきますように(>_<)
次の機会では、飲み会もしたいですね!

No:195 2013/05/19 23:04 | すずき のりこ #- URL [ 編集 ]

次の機会は 誘って下さい!
ワークショップも もっとおもしろいものになるよう努力しますので、また参加して下さい。
絶滅危惧種である『文字書き職人』を応援願います。

No:196 2013/05/20 08:33 | しゅう #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |