ステンの板にシルク印刷

前回の記事の続きですが

シルクスクリーン印刷の製版をしました

張る生地は 紗 と呼ばれる テトロンの紗布です

色んな目の粗さがあります

今回 在庫が無くなったので 新たに取り寄せて作成しましたが

今回から 何故か 紗布が黄色になってました
2017828_1.jpg

どういったメリットがあるのでしょうか?

刷り上がった物は これです

縦型2種 1枚ずつ
2017828_3.jpg

横型3枚
2017828_2.jpg

大きな工場内の注意看板です

取り付け後は こんな感じ
2017828_4.jpg

もう一か所
2017828_5.jpg

横型は こんな感じ
2017828_6.jpg

枚数が少ないので 版がもったいないのですが

そういう仕様でしたので しかたのない事です


喫茶店に書き割りの看板を2つ付けてきたのですが
2017828_7.jpg

取り付け後の画像を撮るのを忘れていたようです

全ては暑さのせいでしょう


先日 カルプ文字や 掲示板を付けてきた施設の

オーニングテントの張り替え後の画像がなかったので

車の移動時に前を通ったので撮影してみましたが

よくわからない画像でした
2017828_10.jpg
残念です


児童施設に日よけのネットを付けてきました

建築屋さんが鉄骨を建ててくれましたので そこへ開閉式のメッシュシートを張りました

6mx5mです

四方の柱にはプロテクターみたいなもんを作って巻きました
2017828_8.jpg

これは 素晴らしい効果を発揮するでしょう
2017828_9.jpg


盆踊りも全日程を消化しました

先週の土曜には
2017828_11.jpg

岸和田磯之上神弥町の夕涼み会です

踊り場はなく夜店の余興みたいな感じです
2017828_14.jpg

この舞台の前へ椅子を並べて聞いてくれるのですが

踊りたそうにしている方もいてて やや勿体ない感じです

かつては踊ってたようですが 復活させたらええのになぁ


先日の日曜日は和泉市桑原町です
2017828_13.jpg
『耳・雷の寺 西福寺』というのがあって

そこの駐車場に車を停めて 村なかへ入っていくのですが

その街並みは江戸時代みたいな佇まいです

雷が鳴って『くわばら くわばら』というのは この桑原町が語源とか

この櫓でシーズン最後ですから 我が会も張り切って挑むのですが

この桑原町は大変盛り上がる雰囲気の良い櫓で

今回も 小さな小さな会場で3周くらいの輪が出来て

詰め詰めで踊ってくれました
2017828_12.jpg

アンコールまで出て 最高でした


今シーズン お花を上げてくれた方々 ありがとうございました!
2017828_15.jpg


盆が終われば だんじり祭りがやってきます

当店も そろそろ そういう雰囲気になってきております
2017828_16.jpg

色々と看板屋が関係しているんですよ
2017828_17.jpg

つづく

スポンサーサイト

 | BLOG TOP |  NEXT»»