神戸元町にてシャッター書き

いつもなら一時間ちょっとで着く神戸やけど この日はえらい事故渋滞があって

2時間半のドライブを楽しむことができた

ドライブを楽しみ過ぎて 元請さんを待たし過ぎてもアカンと思い

電話すると 元請さんもドライブを楽しんでいる最中であった

1時間以上遅れて現場に着くと

聞いていたシャッターサイズからは ありえへんタイプの

書きには 一番最悪のタイプのシャッターであった
コメヒョー2

全く平面が無いばかりか 垂直に突き出してる面もあるので

大きい文字は さほど問題はないが 細かい文字などは 書いても読まれへんようになる事もある

しかも今回のは 一番小さい文字で5cm角 という

このタイプのシャッターには 殆ど無理っぽい大きさである

サイン関係は 別の看板屋がやってるようなので

恐らく シート切文字貼りが『無理』と言われてしまったのだろう と想像できます

ここで引いたら 看板文字書き苦節30年がすたる という事で

下書きを入れながら 書いていきます

最終的には『見る角度』で文字になるように意識して書きます

そして 難なく完成
コメヒョー1

ちょっと下から見上げた形になってるので 横線が細くなったりしてるとこありますが

正面から見たら いけてます

シャッターの文字書きなどは サインズシュウが承ります


テントもやりました

以前 選挙事務所の壁書きの動画を載せたときに

最後の方で登場した年配の方を覚えてるでしょうか?

あの方は 貝塚市の理髪店組合の理事をしてる最長老の散髪職人さんで

あの時に 破れたテントを張り替えて と発注してくれたのです

散髪屋とすぐわかるデザインにして欲しい ということで

お決まりの色パターンでいきました
フジタ1

古い構造の骨で 歪みもあるのでピンピンに張るのは無理ですが

ある程度張ったら
フジタ2

裏から見ても
フジタ3

ええもんです


ガラス面へのシート貼りもやってきました

あびこ整骨院

ちょっと色合いが暗いと思いましたが これは施主さんの希望なんです

その代わりに 白文字と帯が良く見えます

なかなか自分では ここまで濃い青色は使わないですが

これも有り と思いました 勉強になりました


それからそれから

家族をほったらかしてGWに 15年もの間 行き続けてる

パラグライダーの九州ツアーのピックアップ写真&動画が完成しました

一度ご覧下さい
https://www.youtube.com/watch?v=vsOhm9aiX6M





スポンサーサイト



2015/05/28 11:36 |シャッター書きCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»