スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

祭の準備 早し

年々 だんじり祭の準備が早くなってないかな?

盆の前から こんなことやってなかったけど

うちのコウバは すでに こんなことなってます
地蔵堂花板2014

絶対 早くなってるわ


まあ それは ええとして

我が 泉州音頭 宝龍会の櫓が明日から始まります

他会の櫓に上がらせてもらうのと 自分たちの会の櫓を運営するのとでは

当然 雰囲気は違います

裏方の役目を80%以上考えて行動せな あきません

僕はギターを弾きます

他会から音頭をとりに来てくれた人達に気持ち良く音頭をとってもらわなあきません

ほとんど裏方の気分で運営しております

泉州の櫓は独特の雰囲気です

醍醐味は やはり ノンストップリズムではないでしょうか?

一旦始まれば 最期まで終わりなしで続く ワシントンDCのGOGOみたいなもんです

踊りは いわゆる『踊り子』と呼ばれる 踊りを趣味としている人達ではなく

町内会の婦人方です

最初の10分くらいを過ぎれば 皆が休憩して かき氷でも食いたくなります

まずい音頭をとれば 潮が引いたように踊り手がいなくなり

殆ど無人になります

反対に魅力的な音頭をとれば 潮が満ちてきたように

満杯の踊り手に囲まれます

魅力ある音頭が続けば 踊り手も乗ってきます

これを うまく乗せ続けることで

ノンストップならではの えげつないノリになる時があります

15分~20分の一席の音頭で一旦終わり また始めるようなスタイルの櫓では

絶対ありえないような ノリがくる時があるのです

年に2~3回 あるか無いかです

今年も なんとか上手くノセる事ができるかどうか

泉州独特のマックスノリを今年も体感したいものです

スポンサーサイト

2014/07/31 19:07 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。