吹きつけ塗装の壁面への文字書きは得意やで

現代日本において 完全に取り残された存在となった

看板文字書き職人であるが

その長い伝統の最後の世代である我々しか使わない道具もある

特に吹きつけ塗装壁面やコンクリート・アスファルト面などの凸凹面へ書くときに使う筆は 

秘密の道具なのである

金曜日は現場書きしてきました

今回の文字は60センチ角あるので これまた秘密の方法で型取りをして

ガンガン書いていきます

相方は おなじみKカンバンの板倉氏

この2人でやる こういった作業のスピードはリニア級なのである

いや NASA級なのかもしれない

自画自賛してても むなしくなるだけなので画像でどうぞ
中澤水道1
周りを書いて 中を塗りこむ方式である

中澤水道2
600角の文字が8文字×2面で16文字

中澤水道3
NASAで文字書きをするときは是非呼んでほしいものである

中澤水道4
全景を撮影したくても足場が邪魔でこれが限界


土曜は ある工場内のスローガン看板を取り付けに行ってきました

数ヶ月前に付けたやつが評判で 追加で頂きました

1枚目はリフトを借りて そこへよじ登り 壁面へビス留め
ジェイワイテック構内1

その間に別の箇所の取り付け金具を作ってもろて

それを付けに 
ジェイワイテック構内2これは両面タイプ

次は作ってもろた金具を 僕が現場溶接して固定
ジェイワイテック構内3

その次はまた引っ掛け方式で
ジェイワイテック構内4

これにて終了であるのだが

こういった工場には得体の知れない 体に悪そうなホコリというか粉というか

そんな物が 鉄骨に付着していて ちょっと衝撃を与えてしまうと

頭上から大量に降り注ぐのである

体中 こんな有様になって
ジェイワイテック構内5

帰って速攻シャワーを浴びたのは言うまでもない


昼で帰れたので 寺山へ飛びに行く

全く飛べず (他 数名は果敢に飛んでいたが ビビリの僕は飛ばず)

その後の話のなりゆきで羽曳野の仲間のところへ泊まりに行くことに

案の定盛り上がってしまい

アホ話 炸裂!

ご馳走になりました ありがとうございました

日曜はサッカーを見ながら寺山へ

他の仲間は果敢に飛んでいるのに

この日もまたビビリの僕は一本も飛べず

なにやってるか よくわからない週末となってしまいました

帰宅すると 娘から『父の日』のプレゼントが

適当に外泊したりして ほっつき歩いてる親父には

もったいなすぎて ありがたすぎて

なんか申し訳ない気持ちになってしまった週末でした






スポンサーサイト



2014/06/16 08:47 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |