さらばエコカー

巷ではハイブリッドやらアイドリングストップやら

色々エコブームの自動車業界であるが

あんなものは必要以上の物を付けて値段を釣り上げているだけで

ちょっともエコではない

毎日 相当な距離を走り回る人以外は

その差額を取り戻す事は不可能なのだ

エコカー減税にしても 皆 踊らされて駆け込み購入してたが

その分 値引きが無くなり

なんも得はない

超エコロジーな我が家は

“乗り続ける”事こそエコロジーであると判断し

実践してきたが 我が愛車も20万キロ 17年を超えるところで

とうとうヤバくなってきた

色んな異音やオイル漏れは 

それを直すには そうとうな額の修理費がかかる状態になり

手放す事になった

思えば 真ん中の娘が生まれたと ほぼ同時に我が家へきた

結婚3年目が過ぎた頃である

小さな子供2人(その後は3人)を乗せて 東は富士山 西は指宿 と

故障することもなく頑張ってくれた

当時まだサーフィンをやっていた為 屋根にはキャリアが付き

訳あって購入を急いだ為

出始めで予約待ちが出てた人気の影響で

早く手に入りやすい 個性的な薄紫のボディであった

そして玉造の天才ギタリストと組んでたバンドのステッカー

“Blues with a feelin'貝塚ブルースバンド"とリアガラスには貼ったままだ

今日は朝から車屋が引き取りに来て

stw1.jpg

別れを惜しむ間もなく

ピューっと 乗っていってしまった

stw2.jpg

別れというのは あっけないものである

そして 次なる新車は

また載せます お楽しみに

スポンサーサイト



2013/03/29 17:00 |家族COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»