看板面の差し替えとカレンチャン

店舗改装の場合 最も簡単なんは 前に使ってた物をそのまま使う事だ

特にスナックなんかの看板は このパターンが多く

内・外装そのままで 看板のみ差し替えて一丁上がりという感じで

考えてみたら 物凄い簡単なようだが

ここには落とし穴がある

残ってる看板の状態が非常にヤバい事になってる事が多く

うかつに面を外すと

看板ごと無残に壊れてしもたり

また 簡単に取り外しでけへんような 妙な取付方をしてたり

と 結構 問題ありなのだ

昔 景気の良い頃は 飲食店が酒屋と契約する代わりに

看板を無料で付けてもろたりしてたのだが

そうして出回った看板枠は殆どが 鉄枠で

ビスも回らんくらいにボロボロになってる事が多く

内部もサビだらけでヤバヤバなのだ

今回もそれっぽいので 一応 壊れてしまうかもしれへん と

断ってからの作業やった

ナナ2

結果は成功

ナナ1

お店の名前が変わりました


日曜は パラ仲間である 通称『クラッチ』から連絡があり

競馬中継に注目していた

僕自身 競馬に何の興味もないが

カレンチャンなる馬が

クラッチの友達の馬らしい

なんか ちょっと前にもG1を制覇し1億円程稼いだのに

またもG1を制覇し 9500万円を稼いだ

この馬が走る時は 馬主席に招待されるらしく

スーツをビシッと決めて参加しているようだ

とにかく勝ったら テレビやら報道写真に映れ と

言うていたが 前回は初のG1レース制覇という事で

泣いたりわめいたり大変で そこまで気が回らんかったらしいが

今回は

カレンチャン

目線こそ 一人だけちゃうとこ見てるが

ミッション クリア!

しかし こんなもん所有してる人間が友達におる っていうのも凄いな

スポンサーサイト

2012/03/28 11:51 |電照看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»