気分のええときは

子供らが聞く音楽も 中にはええなぁ と思うやつもある


ヘラヘラ笑ってるやつを見て

『お前は なんも悩みなさそうでええなあ』と言うやつと同じで

ちょっと変わった音楽を聞かせると

『お前の聞く音楽は偏ってるなぁ』という人も

大体が 本当は薄っぺらいとこに偏っている


変わった音楽がええ という訳ではなくて

こんなんもええで という感覚がないだけやね


音頭もブルースもレゲエも というか

黒人音楽だけやなくて 他の全ての 即興性のある音楽

ストリートミュージックは同じやと思う


今の子供らが聞いてる音楽に共通するのは

歌詞がメインになってて

なんか 説教じみた応援歌というか

『元気だせよ』的なやつが多いような気がするのは 僕だけやろか


やっぱり 偏ってるんかなぁ

今日は 毎週恒例の オフクロの店参りの日やから

いつものように 帰ってから ユーチューブで音楽聴いてみた

末っ子と同い年くらい(中1)にはじめて聞いて 今でも好きな

ビリージョエルのこの曲

http://www.youtube.com/watch?v=iF4gBU8O_ow

この感じの方が 元気が出るのは

やっぱり変わってるのか?

スポンサーサイト

2011/06/28 23:16 |くだらない話COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»