点灯状態の確認

先日取り付けたLEDピットが 夜は点灯してる というので

確認してきました

内照もバックライトも良い感じに光っていましたよー
20161019_1.jpg

上部に付けた マークも
20161019_2.jpg

画像では露光の加減で 白くなってしもてるけど

実際は ちゃんと光ってます

あとは どれくらいの耐久性があるかですね

今から10年ほど前 LEDが販売され出したころは

殆ど『半永久的』という売り込みでしたが

最近は 割と切れる という噂も聞きます

僕自身も 耐久性が桁違いである と説明して

過去に 何度かLED灯具を販売しましたが

今 メーカーのパンフレットなどを見ても

ウン千回の点灯までの寿命 的なことが明記されており

当初の説明とは変わってきています

こういった ピット文字などに装着するLEDモジュールの寿命が気になります

スポンサーサイト

2016/10/19 11:42 |LEDピットCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

LED祭

非常にLED率が多くなってるサインズシュウですが

またまた やっております

今度はバックライトではなく 内照ピット

まずは 中へLEDを仕込み
2016929_6.jpg

それへ アクリル板をかぶせ

額縁で固定する
2016929_7.jpg

なかなか 良いもんです

これと 横へ付ける文字
2016929_8.jpg

これは 壁面がガタガタなので 書くよりもアルポリの切り文字の方がハッキリする

ということで こないなりました

それを現場で取付
2016929_9.jpg

下から見たら
2016929_10.jpg

良いんじゃないでしょうか?

これと良くにた物を 建物の下の方へも付けます

そっちは 内照タイプとバックライトタイプです

お楽しみに~

文字書きも忘れたわけではありません

ちゃんとやっております

熱を持つ場所に取り付ける という事で

以前に書かせてもろたんですが

好評で 第二弾という事になりました
2016929_4.jpg

これ めっちゃ小さい文字なんですよ~

縦は17mm 横は12mm程度しかないんです

一番小さい奴は横10mmでした

線の太さは 1mm以下やと思います

でも 熱を持つ場所には これでバッチリです!


とある工場内にも 表示板を付けてきました
2016929_3.jpg

専用のワイヤー金具を使用して スッキリ仕上がってます


毎年恒例の だんじり祭の名簿みたいなやつも貼ってきました
2016929_5.jpg

短期なので 合成紙です

色合いは 若い子たちが決めました

祭 頑張って下さいね~


2016/09/29 11:15 |LEDピットCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

バックライトLEDピット文字

配線やら組み込みやら色々勉強するため やってみました

金属箱文字を 壁から浮かして取り付け

更に その裏側へ光を放ち 間接照明的に光る看板文字です

後々メンテナンスできるように ダブルチャンネルという方式で箱文字を作ってあります
2016922_3.jpg

そこへ LEDモジュールを仕込み

点灯試験をやります
2016922_2.jpg

バッチリです

これを 現場で取り付けます
2016922_1.jpg

箱文字の厚みは6センチあり 更に4センチ浮かせて取り付けました

これを 晩に点灯させれば

こうなります
2016922_4.jpg

いかしてるぜ ベイビー!

しかも この書体は昭和の時代から受け継いでる

先々代の社長がやってたころからの書体です

お爺さんがやってた頃の会社の書体を

頑なに守ってる この会社

これからも 益々繁盛すると思います!


2016/09/22 20:29 |LEDピットCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |