革のバッグ出来上がり

革細工で 今まで色々作ったのは 全部練習で

本当の目的は音頭の幕と着物を一緒に収納して持ち運べるカバンを作ることにあった

僕の音頭幕は 畳むことを考えずに文字を配置してしまった為

文字を折り曲げないように畳むと 結構な大きさになるので

去年は布で作った入れ物に入れて 着物バッグと別々に持ち歩いていた

何個もカバンを持って移動するのもブサイクなので

ネットで それが入るバッグを1500円で購入したが

でかすぎて 『修 旅行にでも行くんかぁ?』 と 師匠に笑われてしまった

色々探した結果

丁度ええサイズは無い という事に気付き

革で作ることにしたのだ

色んな小物を作ることで 大体のパターンを身に付け

本番の大物作成に踏み切った

今までの生涯 数々の手作り経験をしてきた僕には

型紙などというものは 全く必要なく

ぶっつけ本番で 革を切りだし 縫い合わせ ファスナーを付けて

雨の日曜日にラストスパートをかけて

完成!
革バッグ1

芯材をなにも入れてないので ちょっとヨレヨレ感がありますが

追って 外面と内面にポケットを付ける計画なので

とりあえず これで完成です

革バッグ2

濡れてシミができるのは嫌やから オイルを塗りました

肝心の幕は
革バッグ3

ジャストサイズで入ります

これで 今年の櫓から荷物一個で行けますし

師匠から 旅行云々も言われないで済みます

肝心の音頭は 未だ発展途上ですが

今年からは 『幕持ち』ということで

心機一転 頑張る所存でございます

どうか皆さん 櫓へ遊びに来て下さい


スポンサーサイト

2014/07/13 19:47 |革細工COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |