温泉はパラダイスなのか?

九州で嫌な事件が起こった

大分県別府は明礬温泉地区で秘湯と呼ばれる

鍋山の湯で1人の女性が殺害された。

山の中やし 夜は照明もないし 当然 防犯カメラなんて

なんもないところやし

観光地で色んな人間が出入りする地域やから

解決の難しい事件になると思う

昼間の混雑を避けて 夜に行ったんかもしれへんけど

どっちが安全かわからんなぁ

混浴温泉には必ずゆーてええ程

変なやつ いてるで (私もか?)

こんな事件が増えて 秘湯とか共同浴場みたいなとこが

閉鎖されへんかったらええけどなぁ


僕は若い頃から温泉が好きで サーフィンの帰りとか、どっか行くことに温泉を探して入った。設備の整ったとこよりも、ただで入れたり、100円くらいで入れるとこを好んで探した。今みたいに 源泉かけ流しとか言う言葉もなく、たれ流しとか言うてた頃に、塩素の匂いのしない そのままの湯のとこが好きやったんで、全国色々と入った。たぶん今より 無料のほったて小屋系が まだまだ多く存在してたんで あれば 片っ端から入りまくった。ランクル40に4人乗って サーフィンしながら 関東から東北 最後は北海道まで行って、北海道で1ヶ月くらいおった時(この話もいずれ書きます)なんか、まさに入りまくった。青森の恐山なんかも入ったし、北海道中 ただ風呂・100円風呂 くまなく入りたおした。
だから ええ温泉ちゅーもんを少しなりとも知ってるつもりだ。ええ温泉は濃いのである。そしてシンプルであり、湯船が小さい。(例外もあるが) 施設に金が掛かってないから 無料とか100円なのである。沸いてるとこから直接引いてるだけやから 温度調節は浴槽を2段・3段にしたり、樋を長くしたり。そんな温泉に当たると『ありがたやー。ありがたやー』となる。

薀蓄は これくらいにしといて、今回 事件のあった鍋山の湯は紛れも無く ええ温泉だった。女1人で行ってまうのもわからんでもない。山道の突き当たりに こんなお洒落な門柱があって
温泉5
そこから徒歩で少し行くと 手前には 2段構えの湯船に黒湯が
温泉4
すこし上に上っていくと 泥湯が
温泉3
勝手に沸いてるのだ。(泥湯は場所が時々変わっている)

規制が入らない事を祈ります。


何故かけ流しが ええかと言うと 循環させるよりも 常にきれいな湯が継ぎ足され 湯が交換されていくからであるが、ちょろちょろしかでてへんのに でっかい湯船に かけ流し言うても 意味あれへんで。よけい汚いくらいちゃうか?
かけ流し言うのは
温泉1
こういうやつやら
温泉2
こう言うやつやらを指す。(霧島温泉なんかには けた違いのやつもあるけど)

つまり 湯量に応じた大きさの湯船で ザバザバと湯船から 湯があふれ出てらなあかんのである。

見よ この溢れ具合を!
奴留湯


こういう風呂に また入って極楽気分に浸りたいもんだが、変質者諸君 事件はあかんぞ。見るだけにせぇ。入られへんようになってまう。



スポンサーサイト

2010/09/14 10:25 |温泉COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |