身辺が忙しくなってきております

ブログ書くのをサボっていますので 画像が多いですが

順を追っていきます

介護サービスのお店の看板です
201876_1.jpg

これは看板の他に見どころがあります

以前付いていたカルプ文字の範囲の方が大きいため

新規の看板よりも カルプの跡がはみ出てしまいます
201876_2.jpg
そこで 古い文字書きなら必須の技術であった『色合わせ』が活きるのです

やや薄めに合わせておいて はみ出た跡形を塗りつぶし

乾くと
201876_3.jpg
色目は全く同じになります

ペンキは『ノボリ』と言うて 乾燥すると黒ずむ特徴があるので 薄めに合わす必要があるのです

今の看板屋さんで これ出来る人は少ないでしょうね


自立の看板を作るため 作業場は鉄工所と化していました
201876_4.jpg

2か所で穴掘りをしてきましたよ

1カ所目は この感じ
201876_5.jpg
※せっかくの表側の写真を撮ることを忘れてしまいました

2か所目はこんな感じ
201876_10.jpg
大きな工場の構内注意看板です

裏側はこんな構造
201876_11.jpg
ポール以外 腐るとこナッシングです


他の工場にも トイレ表示を
201876_6.jpg

男女兼用の方にも
201876_7.jpg


壁面書きもやってきましたよ

超凸凹面へ多くの英文字を書いてきました
201876_8.jpg

これ 書いてる作業をYouTubeに載せたんですが

海外の視聴者の方から 単語の綴りの間違いのご指摘を頂きました

ありがたいことです

どこかわかりますか?

pablic → public です

急遽 現場へ行き 説明して訂正してきました
201876_9.jpg
※ここにも『色合わせ』の技術が使われているんです


バイク屋の何周年かの記念に配るタオルも作らせて頂きました
201876_14.jpg
九州のパラグライダー仲間からの依頼です


製造中止になった大同塗料のハイカラーが かなりの缶数が九州に残っており

売って頂きました
201876_15.jpg

缶を開けない限り 固まることないと思いますので

たぶん一生分揃ったのではないでしょうか

これにてサインズシュウでは 昔ながらの劣化する手書き看板を 

これからも御提供することが可能となりました

よろしくお願いします


毎朝載せてる ツイッター動画で人気のあった言葉を

そのままTシャツにするサービスを始めました

反響が大きい割に 意外と売れませんでしたが

仕上がりはバッチリでした
201876_13.jpg

第2弾 というか続行中ですので 注文はツイッターのDMより よろしく

スポンサーサイト

2018/07/06 14:55 |自立看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

壁面文字書きと この前の変な形の鉄骨取付

壁面は昔でいう 吹き付け塗装面みたいなもので

今は ドロドロの塗料を塗ったあと

パターンとか呼ばれるローラーで押さえて仕上げをするようです

まあ 昔で言う ボンタイル面に書くみたいなもんです

英数字を 沢山書くパターンで 時間も半日しかないし

現場に行ってから 大きさとかの打ち合わせをするパターンでしたので

例によって 頂いた原稿だけ持って

半ブッツケ書きでした

ダーマトなんかで しっかり下書きをしてしまうと あとで消せないようになるので

チョークの先を尖がらせて 例によって 横線と簡単なアタリだけで進めます

書きだすと フィーリングで原稿っぽい書体の脳になってゆき

ずっと その書体で書けるようになっていきます

文字詰めなどの関係で アタリと書くところと ドンドン変わっていきますが

脳が そないなってしまうと 全く関係なく進めていけるんです

不思議な感覚です

書きながら 二度塗りと角出しを加えていき

まず60cm角の英数字を完成させ
201667_1.jpg

続いて 小文字で100角の文字も
201667_2.jpg

まだあるんですが あとは足場をバラシて階段を設置してからになるようです

下から撮影しても 足場のシートに隠れて 良く見えませんでした
201667_3.jpg

後日 二期目の工事に入りますので その時にちゃんと写そうと思ってます


先日 作った 変わった形の鉄骨看板を付けてきました

取り付け方も 少し工夫してます

まず 基礎になるコンクリート部にケミカルアンカーでボルトを固定し

1mの長さの鉄杭を打ち込み

アンカーに固定したアングルと溶接して繋げます
201668_1.jpg

これを2か所
201668_2.jpg

そこへ看板を固定しました
201668_3.jpg

看板は両面式です
201668_4.jpg

裏は周りの鉄骨が見えますが 同じ意匠で
201668_5.jpg

これ 以前付いていた看板の意匠に合わせて作りました

ちょっとだけ不安のある取り付け方ですが

ご近所なので 風の吹いてる日に確認しに行き 

具合悪ければ 後からもヒカエを取ります

2016/06/09 10:57 |自立看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

あっちゃこちゃで取り付けを

美容室の看板を作らせてもらいました

ビラなど持ってきてくれましたので

構成はすぐに決定しました

土木作業は なるべく電動機械を使用して体の負担を減らしてやります
げんのじょう1

その穴へぶち込んで コンクリート固定
げんのじょう2

出来上がり! 大変気に入ってもらえました


たばこ屋さんの看板も
中馬商店

お客さんが きっちりしたイメージ図を作成して提示してくれましたから

思ってた感じのものが出来ました

書体まで指定してくれましたが 一般の方でも

詳しいので ビックリしました


今シーズンは また音頭の幕を一枚 作成します

原稿の文字を書きだしたり 確認してもろたり

長い時間をかけて相談して仕上げます

駒という文字が入る名前ですので

まずは その文字を書きだしました
駒

皆に共通する 弘 の文字に続きますから

その 弘の文字に合う書体で書きました

これが決まれば 次は贈る方々の名前を決めます

文言が決まるまでは PCのフォントで打ち合わせして

決定後に 手書きで文字をおこします

それを 一文字ずつ金糸の布に芯を貼って 裏に紙を貼り付け切り抜き

別珍の布にレイアウト通りに貼り付けてから

金糸で文字の端を シグザグ幅3mmの送り0.5くらいで縫い上げます

作成の過程を載せていきますので お楽しみに


それからそれから 立春といえば『朝搾り』です

とりあえず4本 買ってきました
春鹿2016

一本は もう半分くらい飲みましたが

めっちゃ美味い!

2016/02/08 08:56 |自立看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

住宅地の地図看板

良くある 住宅地の案内地図看板です

今までのやつが老朽化したのと 名前の変更などもあったので

新規で製作させていただきました

まず既存の看板を撤去し

基礎を作りました

四つの穴を掘り

そこへLアングルを柱の幅で固定したやつを放り込み
二色浜荘園看板1

コンクリートで固めました
二色浜荘園看板2

それが固まってから 柱をボルトで固定し
二色浜荘園看板3

看板を取り付けて 終了
二色浜荘園看板5

住宅地図の看板などはサインズシュウにおまかせ下さい!


それから 以前も貼らせてもろた会社の車が

2台増えたので 追加でマーキングさせてもらいました

軽の冷蔵車1台と
PFC再貼1

箱バン1台
PFC再貼2

車両マーキングも サインズシュウにおまかせ下さい



2015/09/07 16:56 |自立看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

山へブッ建てに

先日載せた パラグライダー場の看板を取付にいってきました

鉄骨足の自立看板で サイズは横2mx縦1mです

実は12年程前にもやらせてもろて

それが老朽化したのと

多少 エリアルールが変更してるのと

今年度は 和歌山国体があり パラグライダーも公開競技として参加する

というのが理由での 修復工事でした

12年前に作ったときも 腐るとこおまへん系の仕事をしてましたので

今回の修復もプレートの差し替えと アルミ枠のコーナー部分のパーツ交換と

裏面のビス類交換のみでいけました

それくらいなら 飛びにいったときに ついでにやるから楽勝や と

油断してましたが 設置場所の環境が変わってしまってる事もあって

移設をする というので 楽勝では無理な作業になりました

移設となれば 現状の足を切断せなあかんので 発電機とグラインダーが必要で

切断して短くなった足を延長せなあかんので 延長の鉄骨と溶接の諸々の道具

移設場所の穴掘り道具(穴掘りスコップ・バール・ハツリ等)

固定用のコンクリート作業の道具(スコップ・鍬・舟・水・セメント・砂・砂利 水平器等)

鉄骨を塗装する道具

ビス止めする道具

ほとんど 看板屋フルセットを積み込みました
道具満載

昼前に到着して作業開始

節分の時にあまりまくった恵方巻を弁当代わりに働きまくります

ものも言わずに切断・溶接やりまくり

何故そんなに急いで作業するかといえば

当然
アーベントタイム

終わってから 飛ぶためです

無事 完了し
新エリア看板

片付けしてから 1時間半ほど飛びました

トップラン(離陸場へ降りること)できなかったんで

下の着陸場にランディング

車を取りに 上がってきた時は綺麗な夕焼け空で まだまだ飛べる風でした
夕暮

楽しみながら仕事をさせてもらえた一日でしたとさ



2015/02/05 08:50 |自立看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»