ニセ釣り師からの贈り物と音頭幕

僕と一緒に襲名幕披露をやる人の幕を作らせてもろた

時間や費用のこともありフォントを使った
若丸

泉州の音頭会最古の老舗である花沢会の大名跡『若丸』の復活である

かつて 終戦直後に松ノ浜の海水浴場で行われた音頭大会で優勝したのが

初代若丸であり

その音頭に魅せられて花沢会に入門をした方が

のちに2代目を継承する予定であったが

花沢会から離れ 白龍会を興して『白龍玉若』を名乗ることになったため

2代目は若丸師匠の息子さんが継ぎました

2代目も もうすでにお亡くなりになられており

今回 三代目を名乗るのは その弟さんです

花沢会では 初代若丸の そのまた師匠や先輩方の存在も

確認されてますので ものすごい古い会であることがわかります

若丸師匠のSP盤なんかもあるようですので

いっぺん聞いてみたいなぁ

超マニアな人なら 持ってるのでしょうか?

このレコードの題名が『和泉音頭』となってたため

花沢節のことを『和泉音頭』と呼ぶことになったようです

ちなみに『泉州音頭』という名称は

花沢会を辞め 泉大津で白龍会を興した玉若師匠が初レコーディングした時に

初めて使ったようです


そして昨日は 我らがニセ釣り師から
ブリ&タイ

巨大ブリと鯛が届きました

気合を入れて解体してこましました

まずは鯛を
タイ

返す刀でブリを
ブリ

新鮮なうちに食ってしまいたいため

家族と 友人2人も招集し

造り・アラ炊き・鯛めし・ブリカマ焼き・照り焼き・ブリ揚げ と

食いつくしました

ブラボー!

ニセ釣り師バンザイ!


スポンサーサイト

2013/11/29 11:56 |旗・幕等染物COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

鉄骨看板と音頭幕

工場内を鉄工所化させていた鉄骨看板の取り付けが

無事終了しました

ラスパート看板

この位置の手前側にヒサシがあり

いっぱいいっぱいまで吊れずに やや苦労しましたが

なんとか良い感じに収まりました


それからそれから

秘密裡に少しずつ少しずつ進めてきていた

音頭幕の製作が完了しました

ほんま試行錯誤で 親戚のおばちゃんに手伝ってもろたり

自分で修正したりして完成しました

弘丸_幕

アップリケ幕という技法ですが、パッと見 金糸刺繍仕上げに見えます

思ってたように出来上がりました

大変満足しております

次からは段取り完璧です

サインズシュウは音頭幕の注文も請けまっせ!

という事ですが 出来上がった幕は師匠に預かっていただき

まだもう少し 日の目を見ることはありません

しかるべき時期が来れば これを吊って音頭をとるようになります

皆様の前に登場するのは いつになりますやら

2013/05/26 08:30 |旗・幕等染物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

アップリケ幕にチャレンジ

自分が趣味にしている音頭で使う物なんやけど

浪曲師みたいに 自分の名前が入った幕を

演台やら櫓の欄干なんかにかけるやつ

師匠なんかは金糸刺繍のごっついやつ持ってて

めっちゃ渋いんやけど

こういう物は相撲の化粧廻しと同じで

後援会やら贔屓の人らに作ってもらうらしい

今どき 僕の中途半端な音頭にウン十万も出してくれるような方がおるわけなく

染めのやつで安くあげようか とか

横振り刺繍屋のおばちゃんに縫ってもらおか とか

どっかに安くやってくれるとこないか?と調査してきたが

どこでやっても エグイ程 金がかかる

色々調べてるうちに 金糸刺繍よりも

刺繍と風合いのよく似た金・銀糸で織られた布を文字の形に切り抜き

それをベースの布に貼付けて周りをかがるやり方の

『アップリケ刺繍』と呼ばれる方法なら なんとかなりそうやったんで

また色々と調べたり値段聞いたりしてるうちに 悪い癖が出た

面倒くさなって 自分で作ったろ  という事になった

まあ 最終の縫製はやってもらうとして

文字までは看板屋の意地で やってみた

ラメ生地は薄くてペラペラやから 接着芯なるものを裏にアイロンで貼付け

それを切り抜きベースの布地に貼り付ける

幕製作1

上半分は

幕製作2

これの周りをかがってもらって

裏生地つけてもえば完成なのであるが

仕上がりはどないなりますやら

上手くいけば商売としてやっていきます

興味のある方は この先の仕上がりに注目しといて下さい

こういった幕に入れる文字はコンピュータフォントでは どないもなりません

手書きで起こした原稿やないと感じが出ませんで


ただし これを垂らして音頭とるのは まだだいぶ先の話

一応 一人前の印やから 今はまだ使えません

必要な時にバタバタして作るのんが嫌やから先に作っておくだけ

という物


明日の晩から毎年恒例の九州へ行ってまいります

雄大な阿蘇大観峰の空と温泉を満喫して来ます

ほったらかしの家族には なんとも微妙な行事やろけど

もう12年くらいは続いてるんで どないもしようありません

2013/05/01 16:10 |旗・幕等染物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

のぼり製作と看板取り付けのゆくえ

のぼりもフルカラー印刷で作れます

のぼり

4方巻縫いで 切りっぱなしよりは強いです

竿やら重りやらも用意できまっせ~


それから 先日より 鉄工所と化して製作してきた看板を

現場設置しに行ってきましたが・・・

とりあえず 設置箇所に看板を置き

やまと自立看板

足下にケミカルアンカーでボルトを立て

やまと自立看板足下

さあ 次は 塀にボルトを取り付けようとした時

事件発生

この塀の持ち主となっている 隣の病院に確認を取っていないとの事

先日の現調の時に くれぐれも と念をおしていたのになぁ

勝手に施工したらあかんやろ という事で

診察が終わる12時半まで待つ ハメに

飯を食って 12時半に現場に戻ると

なんと!

先生はお帰りになった とヌカすではありませんか!

仕方なしに 看板を持って帰ってきて

また 明日の12時半に先生に確認を取るようですが

『あかんで』

と 言われたら どないするつもりなんやろか?

皆様 こういった交渉ごとは 事前にきっちり済ませておく事を

心の底から お薦めします

2013/03/13 14:58 |旗・幕等染物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

あっち行ったりこっち行ったり

車で看板を当てたって事で写真を見せてもろたら

直せるレベル

破損看板

ヒカエ棒が曲がってて 看板がやや傾いてるだけで

アクリ面の破損は無し

ただ このヒカエ棒 めっちゃ長いなぁ  って事で

必要そうな材料持って行って参りました

ヒカエ棒は 新品に替えて

歪みは取り付け部と本体を 少し加工して修復

修復看板

OKもらいました

それから

こんな事もやってまっせぇ

白龍会法被

これ 法被(ハッピ)

音頭の老舗『白龍會』の 30年前の復刻ハッピ

当時の色やら 入ってた文字やらを聞き

当時の書体がわからんので 会幕の写真から起こして製作

これ着て 当時の勢いも復活させて欲しいもんです

着てる姿は 今週末 白龍会のイベントにギターマンとして呼ばれてるから

その時にでも写真撮ってきます


それからそれから

大阪W選は どないなるんでしょうか

政治には興味ないが これは見てておもろい

勢いある若手にビビって 

今まで仲悪かったグループ同士が 手を組みだした

そこまでして排除したいんやなぁ


おもろいですわ


そして今夜は『深夜食堂2』あり

要チェックですぞ

2011/11/10 14:08 |旗・幕等染物COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»