アルミ複合板ベースの許可票

事務所に掲げる事が義務付けられてる 〇〇業の許可票やら資格票

金属でエッチング文字を入れたやつやら 色々作り方があるけど

今回はアルミ複合板にシート貼り&シート切り文字で仕上げてみた

許可表2種

決まりは 入れる内容と大きさだけやから あとは自由

どんなパターンでも作れます

各許可票の製作はサインズシュウへおまかせ下さい


刺繍ライフが充実するはずやったけど

僕が考えてる注文は なかなか難しいようで

上手いこと行きそうにありません

別珍の布に 刺繍風の布を文字の形に切り抜いた物を縫いつけるのであるが

これを横振りのミシンで仕上げるのは難しいようだ

刺繍

もうちょっと均等な幅で縫い付けてほしいのやけど

どないしても こないなるみたいで

これを 綺麗に縫い付ける事が出来るミシンを扱える人を

また 一から探さんと あかんようになってしもた

誰か知ってたら教えて下さい


それから 来たる3月20日(祝)春分の日は

是非 貝塚コスモスシアターへ来て下さい

『泉州音頭 春爛漫音頭大会』というイベントをやります

春爛漫

今回は なんと 僕が出まっせ!

パンフ

7番目 宝龍会 弘丸 いうのが ワテだす

応援よろしく!

スポンサーサイト

2013/02/02 11:39 |許可票COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

またまた許可票

やっぱり 時期的なもんなんやろなぁ

またまた許可票です

ずっと前に載せたやつと同じ仕様

許可票ステン枠

枠はステンで 面もピッカピカ

結構安く作れるんです

許可票の製作はサインズシュウへ相談下さい

色んなパターンで製作可能です


ちょっと 音頭の話

来たる 7月1日(日)←まだまだやな 申し訳ない

岸和田市の浪切ホール4Fの交流ホールにて

我が宝龍会の『発会十周年記念音頭大会』なるものが催される

だだっ広い会場に櫓組んで 盆踊りよろしく踊りまくる方式でやります

まだ 詳しい事は全く決まってないけど

おもろなりそうなんで 興味のある方は今から予定を空けておくことをお薦めする

入場はもちろん無料 

鏡割りも やる予定なんで ガッツリ飲んでフラフラになってもろてもOKです

あと 来てくれた方には 早い者勝ちで手拭いプレゼント

よろしくね

2012/02/28 16:47 |許可票COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

建設業の許可票色々

昔 親方が『同じ様な種類の仕事が何故か続く』と よぉ言うてたが

今 何故か建設業の許可票ばっかりやってる

時期的なもんなんかな?

まあ ある程度 法則があるのやろう

で 許可票というたら こんなやつ

※屋号なんかは消してます
旧許可票

よく事務所の壁なんかに付いてる アレです

高級感もたせて 真鍮の腐食(エッチング)加工で作るのが普通

しかし 業種が増えたり 登録し直したりした場合に一部だけ書き変えるのは不可能やから

上の写真のように 紙なんかを貼り付けて訂正してたりも 良く見かける

ブサイクやから 作り直す言うても 腐食で作るとなると

値段もそこそこ必要

もちろん 腐食で作るのも可能だが

そこで お客さんの懐具合にも合わせて 秘密の方法で全面やり直し

訂正許可票

どないやり直したんか 全然わからんくらい 新品みたいになってるぜ ベイベ


もう一軒は 全然違う方法

透明アクリル板で作ってしまいます

アクリ許可票

なかなか かっこええ 許可票です

これを 飾りビスで 壁から浮かして取付ます

取付後の写真は後日


もう一つのやり変えは

またまた秘密の方法でリニューアル

合計3枚こしらえました

許可票類

全部 サラッピンみたいやわ

建設業や他の業種の許可票などサインズシュウにおまかせ下さい

金属腐食・シート加工・印刷・額縁まで

どんな方法でも対応できます

予算に合わせて選べます

2012/02/15 16:48 |許可票COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

シリーズ4

meiban.jpg

真鍮やらステンで許可票等の銘板を製作すれば結構な値段になります。そこでステンの額縁でガラスとミラーの塩ビを挟み込み 文字はカッティングで仕上げると なかなかのええもんが出来上がり、値段もかなり安上がリン!カッティングシートの切文字くらいなら最近ではプロッターを持ってる人も多く、誰でも出来そうやけど、ところがどっこい、看板屋は字体(フォント)に金かけてます。きれいな字体や、きれいに見えるレイアウトが実は一番大事なのです。

許可票等の製作や 銘板製作は 大阪 泉州の看板屋 サインズシュウにおまかせ!右側のリンク欄『元祖看板道』をクリック!

キタノショップ

懐かしい感じの雰囲気を出したり、昭和の味を出したりするには書き文字が一番。レトロ風看板ならサインズシュウにおまかせ!
そういえばエージング看板ってゆーのかなぁ。なんか始めっからサビが出てるような感じに塗装したり、文字が年月経って色が薄くなったような感じに仕上げたりする看板。昭和レトロ村みたいなとこで使うようなやつ。あーゆーのもやった事あるんやけど写真探さなあかんな。撮ってるはずや、和歌山マリーナシティの中のやつ。また出てきたら載せます。
なんか専門でそーゆーのばっかり作ってる業者もおるみたいでテレビかなんかで見た事あるけど、なにぶん まともな文字が書けないもんやからコンピュータのフォントを使ったりしてますな。それとか、わざと(ちゃうのかな?)ショボク書いて えらい字になってもてるとか。あれじゃ全く雰囲気出えへんわな。最近の時代劇なんかに出てくる看板の文字もかなりショボイ。勘違いしてもろたら困るけど 昔の看板職人の文字の方がレベル激高やのになぁ。
これから まだまだ載せていきますので、また見てねー。

看板のことなら 大阪 泉州の看板屋 サインズシュウをよろしく!

072-422-9776 〒597-0053大阪府貝塚市地蔵堂181-2

2010/02/10 17:08 |許可票COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |