炎天下の作業は続く だんじり小屋の文字書き

最近 このブログでは暑さに関することばっかりになってきたけど

やはり 今日も暑かった

南向きのだんじり小屋は さすがに日当たりが良かった

塗装屋さんが用意してくれたローリングタワーの足場など

鉄板焼きのような熱さで 座ったときに肛門が火傷しそうな勢いやった

しかし 夏ってこんなに暑かったかなぁ

ただ単に 僕が老いぼれてきて弱なってるだけなんか どっちやろ?

今回のだんじり小屋は 鉄扉のタイプ

書くには これが一番GOOD

しかも 前にやった職人も手描きでやってくれてるから

塗装や文字書きも 楽ちん  これが理想ですな

これ 前に書いたのん 僕ちゃうけど 誰やろ

たぶん 身内やと思う

サササッと書いて 完成!

額町

だんじり小屋への 紋・文字入れは サインズシュウにおまかせ下さい



昨日の夕方は まいった

一度下見はした

杭が入りにくいやろな とは思ったから

ハツリと発電機は持って行ってた が

なんぼやっても杭が入らない

こんな硬い地面 今まで初めてちゃうかなあ?

鉄杭を持っていくべきやったわ

だから 完成した時には

cafe予告

あたりは暗くなっておりました

杭 入りにくいんで 足は3本

ガッチガチに効いてるんで これでも 絶対 大丈V

スポンサーサイト



2013/08/21 16:29 |だんじり小屋COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

値打ちある だんじり小屋の金看板

だんじり小屋に付けて来ました~

高所作業車を据え 下屋に毛布と板を敷き

まずは取付位置を何度も下に降りては確認してから決め

取付金具をシッカリと止めて

橋本金紋1

真鍮のビスで止めて完成

橋本金紋3

アップは

橋本金紋2

むちゃくちゃええなぁ

最高でございます


別の現場では こんな作業も

櫻苑完成2

反対面は

櫻苑完成1

予定してた日が えらいサブうて天候悪そうなんで

急遽 ぬくい この日に予定を変更して

Kカンバンに手伝ってもらい 駆け回ってきました

よかったよかった


夜は あいも変わらず狂気の寒稽古に出かけております

寒空の中 大声を出すのは一種の健康法なのか

誰もインフルに罹りません

しかも僕は毎年 この往復14kmくらいを自転車で行きます

この期間で正月に食っちゃ寝を繰り返していてダブりたおした体を

リセットする訳ですが

決して痩せる訳ではございません

あくまでも たるんだデブが元のデブに戻るだけです

ご了承下さい

2012/02/01 08:50 |だんじり小屋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

東大阪市新庄 地車庫

ゲリラ豪雨のこの2~3日

いつ降るかわからん雨にビビりながら仕事をしている

木曜はヤバそうな雲模様の中

看板の下塗りに出かけた

思ったより草を刈ってくれてなかったので 雨が降らんでもグショグショになった

HI3G0080.jpg

そして 昨日今日は Kカンバンの手伝いで東大阪市のだんじり小屋扉の文字描きに

町内の方々から とても暖かく接してもろて

めっちゃ気持ちよく仕事が出来た

だんじり小屋の扉はシャッターで

文字書き職人の腕の見せ所ってなもんで

ここはイキって 超高速 超美しくってやつをお見せしよう と

段取りを細やかに取り決め(約3秒)

仕事にかかった

周りの壁を塗ってから

まずは 白をトメるのを先決し

新庄1

次は

新庄2

それから こう

新庄3

そして こうなる

新庄4

その後は こう

太平

その後の事は 秘密なのであるのである

2011/08/27 18:09 |だんじり小屋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

だんじり小屋の文字描き・紋入れ

もう数えきれないくらい書いた

どことどこ書いたか 思い出されへんくらいは書いてる

でも写真残ってるのは ほんの少し

あかんなぁ

今はブログやってるからシッカリと撮るで

色んなルートから依頼がある

それは もう外出てきて キャタツに乗って 文字を書くような

人がおらんからやと思う

そやから 回りまわって うちに来る

職人をよぉ探さんかった場合は カッティングシートの切り文字や

インクジェット出力でやってる場合もある

業者に勧められるまま そないなってしもたんやろけど

どちらも 次の塗り替えの時難儀するやろし

出力の場合はメクレがくるやろな

下地の塗装が痛んでくるんで 絶対に塗り替えする必要があるが

書いた場合は そのまま塗り消せるんで大丈夫


今日の小屋はこんな小屋
仕事前

アップで見ると・・・
アップ

一番嫌なパターンのシャッターやがなぁ!

って 知ってたから ほんまはそんなに驚けへんかったけど

仕事にかかります。


原稿通りにチョンチョンとアタリを付け
アタリ

線を引いて キッチリ下書きをします。
下書き

下書きできたら ナゼコ(※看板屋用語:下書きをなぞる事。たぶん泉州の看板屋限定)開始
ナゼコ開始

どんどん足場を下げていきながら ナゼコしまくり

※この時 文字書き職人は一種の瞑想状態に陥るのか 言葉数が少なくなる

まあ 一人でしゃべってたら ただのアレですけど 複数人の時はそないなります。

ナゼコ終了
ナゼコ終了。

迷路みたいやな。文字が大きくなったり、画数多くなったら

どこを塗って どこを残したらええんかわからんようになりやすい


で 中を塗って仕上がり

小さく見えるけど2mくらいの四角です。
塗りこみ

実は仕上がりやなくて

白文字やから2度塗りせなあかんねんけど

それは元請けでやるらしいんで 僕の任務はここまで

でも このままでもいけるくらい結構トマってる(※注1)

※注1:下地が透けないくらいにちゃんと色が付いてる事(看板屋用語とゆーより、塗装屋用語)


なかなかええもんです。

このブログを見た あなたの町のだんじり小屋は

ちゃんと 書きで仕上げてますか?

だんじり小屋の扉への文字書き・紋入れなどサインズシュウにおまかせ下さい。

シャッター・鉄扉・木地 等 下地は選びません。

デザインから原稿提出しての打ち合わせ 仕上げまでやります。

右側リンク欄の元祖看板道をクリック!

これから まだまだ載せていきますので、また見てねー。

看板のことなら大阪 泉州の看板屋 サインズシュウをよろしく!

072-422-9776 〒597-0053大阪府貝塚市地蔵堂181-2

2010/08/19 17:50 |だんじり小屋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

シリーズ3

並松地車庫

ババーン!だんじり小屋の扉書きやでー

自分で請けたものやら下請けやら手伝いも合わせたら一体何町書いたかわからんくらい書いてます。

最近貼ってるのもよく見かけますが、次の塗り替えの時難儀するから

絶対に書きで仕上げなあきません。

だんじり小屋書きのご用命はサインズシュウへ。

このブログのリンク欄から元祖看板道をクリック!

tada.jpg

書きばっかりやないですよー

電照看板・平看板・アクリル加工・カッティングシート加工・インクジェット出力

なんでもしまっせー!

これから まだまだ載せていきますので、また見てねー。

看板のことなら大阪 泉州の看板屋 サインズシュウをよろしく!

072-422-9776 〒597-0053大阪府貝塚市地蔵堂181-2

2010/02/09 12:22 |だんじり小屋COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |