しばらくぶりですが

色々やってます

なんか テントの仕事が重なり テント張りばっかりやってますが

看板屋でございます

まずは 知り合いのスナックの看板

雰囲気重視で店造りしてるようなんで

筆で文字を書いて それをスキャナーで読み取ってロゴにしました

既設のアクリボックスのアンドンのアクリ部分だけを交換するのですが

普通にアクリだけやったらパッとしないので

アクリボックスに和紙柄シートを貼り 木枠を飾りに付けて
はな乃1

これ 近くで見ても仕上がりはバッチリ
はな乃2

それに 切り文字を貼りつけて 取り付けてきました
はな乃3

この看板を内側から電球色でほんのり光らせます

同じロゴのやつを 外側の集合看板用に

今度は木目柄を下地にして
はな乃4

これも取り付けてきました
はな乃5

隣の『居酒屋 師匠』が ちょっと気になります

筆書きの文字をロゴにするやり方は 昔よくやってましたが

最近は あまりやってませんでした

なかなか ええもんです もっとやらなあかんなぁ


先週の日曜は音頭イベントでした

今回はギターのみの手伝いでしたから 気楽なもんでした
泉州音頭201512

沢山の方々に楽しんでもらえました


週が明けてからは 何故かテントの仕事ばっかりでした

火曜は 先週に引き続き 『チーム玉造』の 

今回は H山さんの手伝いです

豊中市でテントの張り替えです
中華そばテント1

文字はシート切り文字でした
中華そばテント2

上手くできました


今日は自分の仕事で16年前にやらせてもろたテントの張り替えでした

テントの生地が破れてしまったので張り替えです

16年前に新設でやらせてもろたんですが

その時 お客さんの要望で 骨をステンレスで作りました

後にも先にも ステンレスで作ったのは これだけです

縫製をしてくれたテント屋さんも びっくりしてましたが

こういう投資は 年月が経って価値が出るものです

既設の生地をめくって
アン美容室1

ちょっと拭けば
アン美容室2

ピッカピカ!

びくともしておりません

これ パラグライダー仲間の クラッチに作ってもろた骨です

そない考えると パラグライダーも えらい長年(もう17年?18年?)やってたんやなぁ と思います

その骨に生地を張るのですが

その前に と
アン美容室3

差し入れまで頂きました

その後 バッチリ張りまして
アン美容室4

ピッカピカのパッツンパッツンです

この骨なら あと何度でも張り替え可能です


なんやかんや とやってるうちに 2015年も もうあと少しです

ほんまに計画性もなく ただなんとなく看板屋稼業をボチボチとやらせてもろてますが

サインズシュウという屋号を上げてからも もう23年が過ぎます

親方のとこへ『文字を教えて!』と押しかけてからは30年が経ちます

なんも続けへんかった人間やったのに 

こんなに続くとは 全く思ってへんかった事です

ブログで細々と紹介する事を始めたことによって

世界を股にかけて活躍しているような 凄い方々とも出会う事ができ

更に 台湾にまで連れて行ってもらう という信じられない域まで発展してしまいました

関係者の噂では ←ほんまかいな!

来年も台湾に行くとか行かないとか

ありがたすぎて ほんまに看板屋(文字書き)やってて良かったぁ~ と思ってます

台湾以外ってのも あり得るのかな?

でも 漢字圏やないと 良くわかってもらわれへんやろし

それは なかなか難しいんかも

まあ どこでも行きますので 各国の方々

呼んで下さい

スポンサーサイト

2015/12/25 00:24 |テントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

工場内の間仕切りテント工事

木材加工の工場で おがくずなどの木材屑を貯めておく部屋があり

処分する際は その下にトラックを停めて 

ドサッと降ろして積み込む方式をとってたようですが

おがくずが舞い上がり

風のある日などは えらい遠くまで飛散するみたいなんで

その作業の時に 囲えるようなテントを作れないか?

という相談があり

色々と打ち合わせをして 話がまとまったんで 作成しました

基礎を掘り
堀木工構内テント1

鉄骨を組み
堀木工構内テント2

溶接をして
堀木工構内テント3
堀木工構内テント4

組み立てて
堀木工構内テント5
堀木工構内テント6

そこへ 屋根になるシートを張り
堀木工構内テント11
堀木工構内テント13
堀木工構内テント14

飛散防止の透明シートをカーテン状に開け閉めできるように吊り
堀木工構内テント9堀木工構内テント7

完成させてきました

ある程度は使いながら 慣れていってもらわな あかんとは思うけど

だいぶ やり易くはなると思います

工場内の間仕切りやカーテン テント倉庫などは

サインズシュウにおまかせ下さい






2015/09/15 17:26 |テントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

テントを張ったり音頭をやったり

テント製作は外注なので 基本的には取り付けも業者に任せるのであるが

現場の状況など諸事情で 自分で取り付ける場合もある

この現場は 一体何度行かなあかんねん 

というくらい行ってる四条畷の現場なのであるが

どうやら今回で最終となりそうで

仕上げのテントを付けてきた
re-stテント1

きちんと張れましたよ
re-stテント2

諸事情というのは続くものなのか この現場の他でもやっております
木島保育園テント1
これもテントの張替え作業です

そして 今週末は 音頭イベントがあります

貝塚市コスモスシアターにてやります

もう6~7回目になるのかな?だんだん来場者が増えてきて

前回は超満員を記録しましたが

イベントに関しての雑用(準備・設営・広報など)を 

今回は当会以外が担当をしておりますので 色々と苦労されているようです

積極的に踊りに参加してくれる方々も増え

それぞれの会の名前が入ったTシャツの需要が高まってきました

当会のやつは
踊り子Tシャツ1

花沢会のやつは
踊り子Tシャツ2

どんどん増やしていきたい と思います


昨晩は梅田キャンドルナイト なるものを見物してきました
キャンドルナイト2015

まず自宅を7時に3人で出て クラブを終えた末っ子を迎えにいき

大阪市内で勤務している娘と梅田で待ち合わせし
キャンドルナイト待ち合わせ

会えたのは9時を過ぎていました

キャンドルナイトは思ったより こじんまりとしていて

それなりに良い雰囲気でした

久しぶりに家族揃って出かけるのも なかなか良いものでした





2015/06/05 09:21 |テントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

テントにイラスト貼り&カンパチ

テントにも色んな文字やイラストを書いたり 貼ったりしてきたが

これは最大級ではないやろか?

シーサーなんか狛犬なんかわからんけど

あうん1

右側には
あうん2

全体は
あうん3

お客さんが持ち込んできた原稿をトレースして仕上げました

テントは色んな事ができますね

透過性の生地を使って 中から光らせて電照看板みたいにもできるし

インクジェット出力した生地を縫製して ド派手な柄物もできるし

予算次第では 色んな事にチャレンジしてみたいんですが

何でも 余計な手間をかければかけるほど 値段が上がってしまうのです

皆さん 頑張ってチャレンジしましょう


そして 実に久しぶりに ニセ釣り師からカンパチが届きました
2014.10.23カンパチ1

まずは刺身とアラ炊き
2014.10.23カンパチ2

あとは後日 から揚げと鍋にしました

大変おいしゅうございました

2014/10/25 08:25 |テントCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

暑いぜベイビー

数年前にアフリカ人が大阪ミナミで熱中症に襲われた時の暑さに近付いているのではないやろか

かなりヤバい暑さではあるが 汗をどっさりかくからか

酒をやめてるからか 体の調子はすこぶる良い

スローモーションを取り入れているので 熱中症の心配もなく

おかげさまで仕事の進み具合も順調である

昨日は炎天下にて テントの張り替えに行ってきた

所は弁天町 35年程前に新調し

今回の張り替えは3度目らしい

車に当てられた形跡もあり 枠はかなり歪んでるが

そのままの形で前回も張り替えたようなんで

今回もそないした

弁天町テント1

手前側にも小さいやつが

弁天町テント2

これで完成

きれいになると気持ちいいもんです


それから連続で作りまくってるやつも

藤浪倉庫

がんがん やってまっせ

仲井商店

撮り忘れもあるなぁ

ビケンテクノ

まだ もうちょっと作らなあきません


あと8月1日までに という物件を2件ほど抱えており

一人っきりで スローモーションを取り入れて頑張ってるサインズシュウは

かなりヤバい状態ですが 無情にも明日の夜からは

盆踊りが始まってしまいます

音頭をやった後 家へ帰って すぐ寝ればいいのですが

演奏後というのは一種の興奮状態になっているのか なかなか寝つけません

週末だけの今週や8月第一週は まだ良いのですが

10日くらいからは連日になります

連日の最終日くらいになりますと

皆 疲労が溜まりに溜まって タレ目になってきます

15日の岸和田市作才町のときなどは

結構なタレ目軍団になってますので 聞きに来て下さい

2012/07/27 14:32 |テントCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»