トラックの荷台の床を張り替えようとしたが

トラックの荷台の床が腐ってきた

根太(骨組みの横桟)も床板も合板なので

雨ざらしの我が店では あかんの違う?と

納車時に いすゞの販売員に聞いたが

『そんな事になったという事例は聞いた事ない』と ぬかしよったので

単純な僕は『なんか特殊な防腐剤みたいなん染み込ませてるんかな?』と

信用してしまい 数年に一度 余った塗料で塗ったりはしてたが

あまり気にせず使ってきたのだが

ここにきて 踏み抜きそうなくらい腐ってきた

最初 車屋へ同じ材料が手に入るか聞いてみたが

思い切り高額なため断念

近所の材木屋にも相談し 格安の板でこまめに張り替える

という案を採用

自分でやってみる事にした

やってみると 意外に色んな部材を外さないと交換できないようになっていた

一通り外してみて判明したのだが 根太もダメになっていました

これを取り換えるには更に色々外さないとできないようなので 

完全にあきらめました
20171018_5.jpg

もう一度組んで 腐った板の上から新しい板を打ち付けることにしました

ペンキを厚塗りして仕上げましたが いつまで持つでしょうか?
20171018_6.jpg


変わった鉄骨枠があり そこへ看板をはめてほしい という依頼があったので

プレートを作り
20171018_3.jpg

現場で取り付けてきました
20171018_4.jpg


泉州一帯は だんじり祭りでした
20171018_1.jpg


僕自身は もう参加しておりませんが

祭にあぶれた同級生宅で3日間連続の宴会があったり と

結構忙しいんです

友人宅で飲んだり 街に見物に繰り出したりして楽しんでおります

地域中知り合いだらけで どこへ行ってもビールが出てきます

フレンドリーな雰囲気の この街の祭りが 僕は好きです
20171018_2.jpg


先週の日曜日は雨でした

雨では空を飛べないので 嫁さんと二人で 大阪城公園にできた

ジョーテラスなるものに 行ってきました

大阪城ホールまでの参道沿いに 飲食店が並んで建っていました

BBQなどを気軽にできる店などがあるようです

それならば と 肉系の店にいって注文しましたら

結構なボリュームでした
20171018_8.jpg

ガッツリ系で めっちゃ繁盛してました

また 天気のええ時にいきたいなぁ

スポンサーサイト

2017/10/18 11:52 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

祭の前に色々と

まずは美容室の看板

アルミ材で骨を組み 板面を張り 下地色のシートをベタ貼してから

同じ色のシートを貼った額縁を取付ます
2017105_1.jpg

下地の模様を入れ
2017105_2.jpg

文字を入れて出来上がり
2017105_3.jpg

現場で 古く傷んだ看板を撤去して 取付完了
2017105_4.jpg

腐るとこナッシング! 


老朽化した看板面を交換してきました
2017105_5.jpg

ポールなども塗装して綺麗になりました


祭の前に傷んだテントを張り替えたい という事で
2017105_6.jpg

生地を撤去し 鉄骨を塗装し
2017105_7.jpg

張り替え 完了
2017105_8.jpg

これで 気分一新 気持ちの良いものです


毎年やらせてもろてる 祭の役員名簿のような掲示板
2017105_9.jpg

これは合成紙に印刷したものです


あと コンクリートの地面に数字を書いてきました
2017105_10.jpg

約75カ所!

なかなかの量でしたよ~

3回塗ってあります

これを一人で一日でやってまう看板屋は 今もどこかに存在してるのかな?

いっぺん 話をしてみたいものです


それから サインズシュウのツイッターでは ほぼ毎日 手書きの動画を発信していて

これが そこそこ好評です

どんどん広めていきたいので フォロワーになって応援して下さい

目指せ1万フォロワーです

2017/10/05 17:44 |看板COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

ボロボロの看板が新品みたいに

車をぶつけた とかで保険を使うので看板の修理の依頼をうけた

なるほど狭い道で 2t車で行ったら 必ず当たるような看板でした

古い酒屋の看板で そのままでも 間もなく潰れてしまうような朽ち具合でした

こういうやつは アクリ面を抜くと同時にバラバラに壊れてしまうパターンもあるので

慎重に面を抜き
2017920_1.jpg

枠を塗装して
2017920_2.jpg

折れたヒカエ棒を交換し
2017920_3.jpg

面を入れ替えて 蛍光灯も交換すると
2017920_4.jpg

新品みたいになりました

当てられた店の方も 大喜びでした

10年に1回くらい こういうメンテナンスをしておけば

看板なんて一生使えるんですけどねぇ


ダンプのボディマーキングと
2017920_6.jpg

アンドンの文字入れをやりました
2017920_7.jpg

今はアンドンもLEDモジュールなんですね


近所の歯科医のスタッフ募集看板を付けてきました
2017920_5.jpg

我が家全員がお世話になっている歯科医です


知り合いからホールトマトの缶詰を大量に頂きましたので

トマトソースを作ってみました

ホールトマト2.5リットル!
2017920_8.jpg

それを使って まずはカレーを作ってみました
2017920_9.jpg

あとはスパゲッティやピザや茄子を煮たやつを作って

約1週間で完食しました


ずいぶん前から研究を重ねている麻婆豆腐は

ここへ来て かなり完成に近づいてきております

豆板醤を少なめにして唐辛子粉で辛味を付けるのがコツかもしれません
2017920_10.jpg

あまり味噌っぽくなくて 有名店の味に似てきました

こんなことばっかりやってるので なかなか痩せることはないです


岸和田祭は盛り上がってましたねー

音頭の師匠と その身内さん達がいるので会館へ挨拶にいきますと
2017920_11.jpg

やはり宴会にも呼んで頂きまして
2017920_12.jpg

最終的には音頭合戦になり

御花まで頂いている の図です

楽しかったー!&飲みすぎました








2017/09/20 15:58 |看板修理COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ちょこちょこと書かせてもろてます

まずは ツイッターやFacebookでまあまあ反響があった作業です

出来上がって乾燥までしてしまった看板の文字を訂正する方法
※今回のは 私のミスではございませんよ

先日 ターポリンにインクジェット出力した懸垂幕を納品したのですが

数日後に『定休日を変えたい』と言い出しまして

苦肉の策です

昔は こういう訂正の仕方を良くやりました

まず 訂正箇所に新規の文字を直接書き込みます
2017913_1.jpg
※日の上に火を書いてあります

下地の色に合わせた塗料で周りを塗りこみます
2017913_2.jpg

インクジェット出力の溶剤インクと修正塗料の艶の差で色が違うように写ってますが

もっとバッチリ合ってます

看板などで 下地に使った塗料が残ってる場合は

『日』のはみ出したとこだけ塗ります

こうやれば 現場で塗料が乾くのを 待つ必要がありませんし

今回使用したテントカラーのような 重ね書きがやりにくい塗料では

有効な手段です

かの ジョン・ダウナーも『俺が教わった方法と同じだ』というて

Facebookでシェアしてくれました


あとは 車屋さんの看板を付けたり
2017913_4.jpg

ちょっとした建て看板に文字を書いたり
2017913_3.jpg

芦屋のお洒落なジム内で文字を書き
2017913_5.jpg

スタッフの方々に喜んで頂き 記念撮影したり
2017913_6.jpg

それなりに 文字書きライフを楽しんでおります


それから 少し気になった事があるので載せます

決して これを製作した方々をけなしているのではありません

エージング技術は見上げたものです

もし これを読まれたら 気を悪くせず 次の製作時のヒントにして下さい

映画のセットに使われた看板です
2017913_7.jpg

物凄く上手にエージングされているのですが

書体そのものに古さを感じませんし

下地の黄色のとび方に対して 黒がトビすぎてます

また 黒がとんで透けてる部分が黄色ではなく白すぎるように見えます

意味不明な角丸の書体も気になります

皆様どうでしょうか?

2017/09/13 09:11 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ステンの板にシルク印刷

前回の記事の続きですが

シルクスクリーン印刷の製版をしました

張る生地は 紗 と呼ばれる テトロンの紗布です

色んな目の粗さがあります

今回 在庫が無くなったので 新たに取り寄せて作成しましたが

今回から 何故か 紗布が黄色になってました
2017828_1.jpg

どういったメリットがあるのでしょうか?

刷り上がった物は これです

縦型2種 1枚ずつ
2017828_3.jpg

横型3枚
2017828_2.jpg

大きな工場内の注意看板です

取り付け後は こんな感じ
2017828_4.jpg

もう一か所
2017828_5.jpg

横型は こんな感じ
2017828_6.jpg

枚数が少ないので 版がもったいないのですが

そういう仕様でしたので しかたのない事です


喫茶店に書き割りの看板を2つ付けてきたのですが
2017828_7.jpg

取り付け後の画像を撮るのを忘れていたようです

全ては暑さのせいでしょう


先日 カルプ文字や 掲示板を付けてきた施設の

オーニングテントの張り替え後の画像がなかったので

車の移動時に前を通ったので撮影してみましたが

よくわからない画像でした
2017828_10.jpg
残念です


児童施設に日よけのネットを付けてきました

建築屋さんが鉄骨を建ててくれましたので そこへ開閉式のメッシュシートを張りました

6mx5mです

四方の柱にはプロテクターみたいなもんを作って巻きました
2017828_8.jpg

これは 素晴らしい効果を発揮するでしょう
2017828_9.jpg


盆踊りも全日程を消化しました

先週の土曜には
2017828_11.jpg

岸和田磯之上神弥町の夕涼み会です

踊り場はなく夜店の余興みたいな感じです
2017828_14.jpg

この舞台の前へ椅子を並べて聞いてくれるのですが

踊りたそうにしている方もいてて やや勿体ない感じです

かつては踊ってたようですが 復活させたらええのになぁ


先日の日曜日は和泉市桑原町です
2017828_13.jpg
『耳・雷の寺 西福寺』というのがあって

そこの駐車場に車を停めて 村なかへ入っていくのですが

その街並みは江戸時代みたいな佇まいです

雷が鳴って『くわばら くわばら』というのは この桑原町が語源とか

この櫓でシーズン最後ですから 我が会も張り切って挑むのですが

この桑原町は大変盛り上がる雰囲気の良い櫓で

今回も 小さな小さな会場で3周くらいの輪が出来て

詰め詰めで踊ってくれました
2017828_12.jpg

アンコールまで出て 最高でした


今シーズン お花を上げてくれた方々 ありがとうございました!
2017828_15.jpg


盆が終われば だんじり祭りがやってきます

当店も そろそろ そういう雰囲気になってきております
2017828_16.jpg

色々と看板屋が関係しているんですよ
2017828_17.jpg

つづく

 | BLOG TOP |  NEXT»»