キッチン SHA BA NA オープン!

超老舗のライブバーからの独立です

お洒落なご夫婦が経営されます

看板デザインを色々と打ち合わせさせていただけたおかげで

オーナーさんのイメージに近づけることが出来ました

溶接で 少し変わった形の金具を製作し
20161121_1.jpg

看板面を作成し
20161121_2.jpg

取り付けてきました
20161121_3.jpg

横には壁面へ平看板とスポットライトを付け
20161121_4.jpg

あとは 2階の入口へ表札のようなプレート看板を付けてきました

オーナーさんにも大変喜んでいただけました

お店が末永く繁盛することを祈ります

頑張って下さいねー!

スポンサーサイト

2016/11/21 17:03 |プレート看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

はしご登ったり 他いろいろ

自分で作った看板は いつかメンテナンスする可能性もあるので

それをやりやすいように考えて作ってるつもりなのですが

看板設置後の その周りの環境の変化や

間に電気屋さんなどが球交換したり など

あとからの変化により 非常にメンテナンスしにくくなってる物件もあります

頭の中でな数か所 そういう物件が常に気になってますので

『球が切れたから 交換して』と連絡があった場合

ドキッとします

今回の物件も その一つです

看板設置時は 足元もスッキリしていて 

どうにでもできるような環境やったのが

植樹によりジャングルのようになっていまして

ローリングタワーなどの設置が 完全に無理な状況になっております

はしご と キャタツでやってきましたが

なかなか ヤバい作業でした
20161111_1.jpg

しかも 一度 誰かが外したような形跡があり

変な事をしてしまっている為 余計な作業が増えてしまいました

でも なんとか無事 球交換できました

よかったよかった

それから 先日からやり続けていつガソリンスタンドの

給油機が設置された為 マーキングを施してきました
20161111_2.jpg

これは新規の機械で 3台あり 両面にマーキングしました
20161111_3.jpg

機械は 新旧含めて あと6台ほど設置されるようです

徐々に出来上がっていきます


麻婆豆腐が なかなかええ感じになりつつありますが
20161111_4.jpg

なかなか思ったような感じにはなりません

市販の味噌などでは無理なのかもしれません

誰か 教えて下さい


2016/11/12 10:39 |看板灯交換COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

アメリカからやってきた看板文字書き職人 ジョン ダウナー

僕たちのような者が言うことではないが

結論から言うと ジョン ダウナーは 本物の看板職人やった

文字の美しさ とか そういうのは勿論やけど

何より 作業の段取りを最優先に考える本物の現場書きのできる看板職人であった

もちろん こんなビッグなお客さんが我々を知っているはずはなく

『世界の小林さん』の紹介である

この日 ジョンと小林さんを迎えるために我々が朝から用意していたのは
20161027_1.jpg

たこ焼き と 三枚バラの炭火焼きである

二人が着いてからは たこ焼きを焼きながら作業を進めていった
20161027_2.jpg
※左隅で顔だけ見えている女性が たこ焼きを担当してくれた春花さんであり、その場所で焼いているのである。

まず ご挨拶と ジョンの作品を少し見せてもらいました
20161027_3.jpg

書体・色使い・レイアウトなど 全てがオールドアメリカンで格好いい

それと 筆などの道具の説明
20161027_4.jpg

それが終わると ジョンは

『君たちの道具や作品を見せてほしい』的な事をリクエストしてきたのですが

その日の作品といえば 豚の三枚バラしかなかった為

大きな紙を用意して 文字を書こうとしたら

作業段取りが素早いジョンは 

先に書きだしてしまいました

やることなす事 昔の文字書き職人の先輩たちがやっていたようなやり方で感動しました

とりあえず 僕たちが いつもの講演のときのような大きな丸ゴシックを書いたのですが
20161027_5.jpg

喜んではもらえたものの なんか少し物足りなさそうで

ジョンが色々と説明しながら ガンガン書いて見せてくれました
20161027_7.jpg

書きだしたら もう止まりません
20161027_6.jpg

どうやら ジョンは ワンストロークの一筆書きに魂を注いでいるようで

それこそが 看板文字書き職人の本領であると考えているらしい

そこで 僕が一筆書きのカタカナを書いて見せたら

これが 大喜び

記念撮影までしてました
20161027_8.jpg

板倉くんは 漢字とひらがなで
20161027_9.jpg

一筆書きのときの筆遣いなんかを見てみたかったようです

一同 テンション上がりまくりで 三人そろっての記念撮影
20161027_10.jpg

なんか しょうもない事を誰かが言うたのか えらい笑っております
20161027_11.jpg

僕たちが書いた文字に飾り罫を入れてくれました
20161027_13.jpg

これの線引きのやり方は圧巻でした

前日の東京でのワークショップでも拍手喝采であったと聞きました

楽しい時間は あっという間に過ぎます

なかなかの時間になってきたので 皆で寄せ書きをしまして記念撮影
20161027_12.jpg

ここに立ち会った人達全員で書きました

しかし ジョン ダウナーは 僕たちが昔憧れた日本の看板文字書き職人たちが 共通してまとっていた

ある種の雰囲気と同じものを身に付けていました

文章で説明するのは難しいのですが

書いて喜んでいる雰囲気とか それを見て笑うタイミング とか

文字を書くうえで 気を付けることとか 作業の順番なども全て同じでした

あれこれ 僕らの筆も使って試してみたり 

道具にも興味を持っていて そういう話も大変楽しませてもらいました

この後 小林さんと大阪市内に戻り

筆屋の雄進堂にも寄ったみたいです
20161027_15.jpg

一日中 お疲れ様でした!

さすがのジョンも少し 疲れたようです
20161027_14.jpg

また 会いたいものです

2016/10/28 10:03 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

何度もやらせてもろてます

今まで 何度もやらせてもろてる会社です

創業時からやらせてもろてて 今回で4回目の増車

朝一番から配送に出てしまう というので

早朝から住之江へ

まだ仕事が始まる前に

2t車を2台
20161021_2.jpg

ハイエースバンを2台
20161021_1.jpg

マーキングしてきました

しかし 凄い勢いで増車していってます

頑張ってほしいものです!


それから 我が泉州音頭 宝龍会は

11月27日の日曜日にイベントをやります

いつもの『楽座音頭会』という宝龍会の公開練習会ですが

今回は 少し趣旨が違います

いつもは 宝龍会のメンバーと友好会から数人のゲストに来てもろて

和気藹々と楽しむ お気楽イベントなのですが

11月27日は 当会から2人の新人デビューがあります

一人は高校一年の超若手の女の子

もう一人は25年のブランクを経て かつて白龍会に7年在籍していた

という玄人系

しかし 宝龍会の掟で 1分1秒早く弟子入りした方が 兄弟子 というルールに従い

高校一年生の女の子を『姉さん』と呼ばなくてはならない位置での再スタートです

そして もう一つの目玉が

『弘駒』の襲名披露

これの御祝いとして 花沢・白龍・一心会の師匠方に それぞれ音頭を一席披露して頂きます

とくに一心会からは 2年前に会長を引退された大師匠『小浪』さんまで披露してくれるようです

その他 近江若三郎師匠と龍水小美若師匠もゲスト出演して頂けるようで

凄い音頭イベントになりそうです

弘駒の祝い返し用の手拭いも出来上がり
20161021_3.jpg

良い感じに盛り上がってきております

当日は沢山の人で大賑わいになればええのになぁ

点灯状態の確認

先日取り付けたLEDピットが 夜は点灯してる というので

確認してきました

内照もバックライトも良い感じに光っていましたよー
20161019_1.jpg

上部に付けた マークも
20161019_2.jpg

画像では露光の加減で 白くなってしもてるけど

実際は ちゃんと光ってます

あとは どれくらいの耐久性があるかですね

今から10年ほど前 LEDが販売され出したころは

殆ど『半永久的』という売り込みでしたが

最近は 割と切れる という噂も聞きます

僕自身も 耐久性が桁違いである と説明して

過去に 何度かLED灯具を販売しましたが

今 メーカーのパンフレットなどを見ても

ウン千回の点灯までの寿命 的なことが明記されており

当初の説明とは変わってきています

こういった ピット文字などに装着するLEDモジュールの寿命が気になります

2016/10/19 11:42 |LEDピットCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»