世界の巨匠たちと

誠に恐縮なのですが 世界の巨匠たちがわざわざ泉州まで遊びに来てくれました

ドイツのモノタイプで大活躍なさっている小林章さんは

土曜日に大阪でのイベントに出演されていたようです

『たずがねゴシック』という書体製作に関する講演です

全世界で話題になっている『たずがねゴシック』の製作メンバーである土井遼太さんも来てくれました

それから なんとなんと! 我らがスター 写研のナールやゴナを創った文字の天才

巨匠 小林章さんでさえ『雲の上の存在』とあがめる

我らからしたら宇宙から来ていただいた という感じの

中村征宏師匠までが やってきてくれました

昼すぎに着いて夕方までおられる という事でしたので

我々は 肉を焼いたり ししゃもを焼いたりしながら

皆さんがやって来るのを 待ちました

中村さんとお会いするのは これで2度目ですが

一緒に筆を持って あれこれ言いながら作業をしたり

それについてのお話を聞くのは初めてでした
2017521_1.jpg

まさに 我々からしたら 夢のような時間でした

Kカンバンの板倉君と知り合ったのが 今から約30年前

若かりし修業時代

お互いに その当時 というか 今でも最高の

日本語ゴシック体である『ナール』や『ゴナ』を真似して書くという事に一生懸命取り組んでいた頃から

顔を合わせば その事ばかり ほんまに『馬鹿の一つ覚え』のように

『ナール』がどうのこうの 『ゴナ』がどうのこうの

と 酒を飲んだら それこそ一晩じゅう その話を飽きることなく話し続けてきました

『ナール』や『ゴナ』は PCの書体としては とうとう世に出ることはなかったのですが

印刷物などを見て 真似をし続けました

写研という会社から出ている 写植用の書体である という事はすぐにわかりましたが

その書体を創ったのが 中村征宏氏である という事を知ったのは

随分 年月が経ってからでした

30年間 僕たちの『酒の肴』として君臨し続けた御本人と

こうやって 文字を書いて遊べるなんていう事が実現するなど 夢にも思っておりませんでした

小林さんには 本当に感謝しております

最後は大きな一枚の紙に みんなで文字を書きました
2017521_2.jpg
※一番右の背中を向けているのが中村さん・右から順に たずがねゴシックの土井さん・和文と欧文の上田さんの奥さん・中村さんの娘さん ともこさん←めっちゃ面白い人でした

一番上の見出しはKカンバンの板倉君 2行目を僕が書きました
※この模様は後日youtubeに載せます

出来上がった紙を持って 皆で記念撮影!
2017521_4.jpg

巨匠2人と 看板屋のオッサン2人でも記念撮影
2017521_3.jpg

最高でした

生きていれば 良い事というのはおきるものなんですね

まじで 夢のような一日でした!


仕事は今週付けに行く看板などを作っています
2017521_6.jpg

これは 板面を差し替えできるようになってるんです
2017521_7.jpg

それからそれから

またまた 音頭幕の製作を開始しております
2017521_5.jpg

ベルベットの生地に 金や銀のラメ生地に芯を裏張りした切り文字を貼り

その周りをかがる『アップリケ刺繍』という技法で作成します

体育館などの舞台幕に入っている文字などは この方法で作られているようです

色々と研究しているうちに

ジグザグ縫いの振り幅や送り幅を自由に設定できるコンピュータミシンを買って

自分で全部作れるようになってしまいました

少しづつ作っていくので 徐々に載せていきますね

おたのしみに

スポンサーサイト

2017/05/22 18:54 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

明けましたよGWが

GWは毎年恒例で九州へ行っております

去年は大震災直後でしたが 

こちらで考えるよりも九州側の方々のウエルカムムードが積極的で

強行してきましたが 観光客はガラガラで 大観峰は自衛隊の基地になっていました

それでも飛びました

そして今年も行ってきました

行き帰りは楽ちんフェリーです
2017512_1.jpg

翌朝着くとド強風なので

九州の方々と合流する前に 別府の某場所にある野天掘りの秘湯に浸かり
2017512_2.jpg

晩は皆と合流して宴会

翌朝から ずっと雨模様で 2日目は観光してきました
2017512_3.jpg
ここは 小国(宿泊地)と大観峰の間くらいにある 縄文の巨石群のある丘

進撃の巨人のロケ地になったようです

そっから車を走らせて 今年初の高千穂峡へ
2017512_4.jpg

なかなか壮観でした~

夕方や早朝は 温泉好きグループであちこちの秘湯巡りもやります

ここは知る人ぞ知る 硫黄の秘湯
2017512_7.jpg

源泉かけ流しなどという安っぽい表示など全く必要ありません

湯口から勝手に出まくってる湯が 勝手に湯尻から出ていってるだけの湯船です

最高です

3日目は大観峰で飛べました

メインは湾内へ飛ぶ南西面ですが

この日は両面で飛べました

昼前に南面で飛んだ僕は ただ一人だけ どんくさく 下の着陸場まで降りてしまいました
2017512_6.jpg
※普通は上へ上がるので 飛び立った斜面に戻ってきて着陸するのですが

迎えにきてもらって メインの南西面で飛びます
2017512_9.jpg

何度も着陸と離陸を楽しみました

馬刺しも有名でして 毎回必ず食います
2017512_5.jpg
超美味ックス!

3つ目の秘湯はこれ!
2017512_8.jpg
物凄い勢いで湯船から湯があふれ出ております

ここは ぬるいのですが 炭酸の硫黄泉です!最高!

九州の方々には お世話になりっぱなしで申し訳ないのですが

今年は我が寺山に遊びに来てくれそうですので

その時に恩返しするつもりです


帰ってきてからは 疲れもそこそこに 仕事にかかります

行く前に作っておいた看板を取付
2017512_11.jpg

屋根の上のやつは 前のやつがボロボロやったのでやりかえ

これには文字など入ってないので 壁という認識で作成しております
2017512_12.jpg

選挙事務所というのは 看板の大きさや枚数に厳しい制限がありますので

規定の大きさの前から使っているやつを その壁へ取り付けました


自分のコウバの看板も作りましたよ

前から隣に入ってくる大型トラック避けに置いていた 引き上げ品の看板
2017512_13.jpg

めんどくさいので 引き上げてきたボロボロのそのまま置いてましたが

これを やりかえ

ホーロー看板のイメージで

まずは手書きで原稿を起こし
2017512_14.jpg

それを PCに読み込ませます

あまり補正などせずに 殆どそのまま使います

良く考えれば 僕たちは こういったデザインは お手の物で

普通にレイアウトして それっぽい文字を書けば

それっぽくデザインしても なかなか再現できない こういった文字を

いとも簡単に再現できるのです

そのデータをもとに 製版
2017512_15.jpg

そして刷り込み
2017512_16.jpg

それにクリア塗装して ホーロー看板の風合いを出します

で 枠に収めて出来上がり!
2017512_17.jpg

この低クオリティー・レトロ感満載のレイアウトや文字

やや手間がかかりますが いつでも作れますよー

これは 適当に作ったので 下地はアルミ複合板を使ってますが

鉄板を使って作成すれば経年劣化も楽しめるでしょう

最初からエージングなどというダサいことやらんでも

十分レトロ感出せます

ホーロー風看板はサインズシュウにおまかせ下さい

全国発送承ります

2017/05/12 17:14 |シルク印刷COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

がんばれ 堺ブルースフェスティバル

毎年やらせてもろてるイベントの舞台広告です
2017427_2.jpg

去年は聴きにいけたけど 今年は日程が合いません

盛況をお祈りします

興味のある方は 是非! →http://www.sakai-bluesfestival.com/



岸和田市で壁面に看板を付けてきました
2017427_1.jpg

気持ちよく取引させて頂きました ありがとうございました


それから 

完全に関係ない話ですが

電子レンジで簡単に米が炊ける装置がネットで売ってまして

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%BC-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E5%B0%82%E7%94%A8%E7%82%8A%E9%A3%AF%E5%99%A8-%E5%82%99%E9%95%B7%E7%82%AD%E5%85%A5%E3%82%8A-%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-2%E5%90%88%E7%82%8A%E3%81%8D/dp/B001UV40PY/ref=pd_lpo_vtph_201_bs_t_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=N2EZQPQPJWME000W3HDR

↑ これ 僕が買ったとき 800円やったのですが えらい値上がりしてますな

いっぺん 試しに炊いてみたのですが

これが 電気釜で炊くより美味い事炊けたん違うか っていうほど

美味しく炊けたので

ふじっ子 と タコを入れて タコ飯をやってみたら

これも大成功
2017427_3.jpg

2合までしか炊かれへんけど

めっちゃ早いし  これ 使えまっせ

2017/04/27 08:51 |横断幕・懸垂幕COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

貼ったり書いたり角を丸めたり

長期に渡って貼り続けてきた 例の観光バスも終盤を迎えております

やや小型になり あと2台
2017421_1.jpg
ゴールが見えてきました


福祉車両の補修をしましたが 色を探すのに難儀しました

近似色でいきましたが 少し違います
2017421_2.jpg

たぶん 同じやつでいっても 色は変わってしもてる と思いますが

とりあえず これで 納めさせて頂きました


角丸ライフを楽しむために購入した機械で

マグネットシートの角を丸めました
2017421_5.jpg

最高ですわ
2017421_6.jpg


それから 泉佐野市でオープンする ティラミス専門店のロゴを

現場書きしてきました
2017421_8.jpg

これの模様は動画撮影してyoutubeにアップしてます

https://www.youtube.com/watch?v=cDcKaT3peOE

↑ 一度 観てみてみてみ


文字書き関連は こそこそと 活動し始めてます
2017421_7.jpg

来月の末くらいには ちょっとした話題を提供できるかもしれません

このブログに注目しておいて下さい


音頭は 6月に今年もやりますよー
2017421_9.jpg

観に・聞きにきてチョンマゲ

僕も出ます

2017/04/22 13:46 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

花見してますかぁ

桜見だけは毎年欠かすことはありません

好きなんです

今年の造幣局は ソメイヨシノの開花が遅かったことから

河岸のソメイヨシノの超満開とダブルで楽しめました
2017415_11.jpg

我が家の枝垂れも間もなく満開を迎えます
2017415_10.jpg

仕事はこまごまと色々やってますよー

地域の広場の看板
2017415_6.jpg
久しぶりの木枠&トタン張り看板です

ブラックボードの両面という材料が無いので

マグネットは付かないけれど 両面書きができるブラックボードを6枚作りました
2017415_9.jpg

不安なので 消えるかどうかを試すために 100均でブラックボードペンを買ってきて

2017415_7.jpg

書いてみて

2017415_8.jpg

ちゃんと消えましたー


この前 完了した会社に表札がわりの文字を入れてきました
2017415_5.jpg

ずっとやらせてもろてる観光バスも あと3台です
2017415_1.jpg

店舗が変わるための意匠変更工事も
2017415_12.jpg

スムーズに作業できました
2017415_13.jpg

これにて完了
2017415_14.jpg


それからそれから

岸和田城の お城まつりの音響の仕事を 我が宝龍会が受け持ちました
2017415_2.jpg

今まで音響をしていた人が廃業したみたいで 急遽の連絡でしたが

上手くいきました

そして宝龍会は来年からの音響の仕事も狙い

また 音頭もねじ込んだろ と考えて ハッピを来てアピールしたり
2017415_3.jpg

ポスターを貼りまくって 次のイベントをアピールしたり
2017415_4.jpg

BGMに音頭を流したり と 勝手やり放題なのでした


姪っ子が高校に入学できて なんか欲しいものあるか?と聞いたところ

『長財布作ってほしい』と かわいいことを言うものですから
※その後 やっぱり これが欲しい と ショルダーバッグを買いましたが

メラメラと工作意欲がわき出してきて

作ってあげました
2017415_15.jpg

いいのん出来ました

昨日渡したら 喜んでくれました

2017/04/15 09:58 |季節の話題COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»