屋上に看板設置&象嵌文字看板が完成!

アルミ骨の平看板を作成しました

屋上に鉄骨屋さんが設置枠を組んでくれて そこへ取り付けます

現場でロープにて吊り上げる予定やったのですが

鉄骨屋さんや建築屋さん達が手伝ってくれて 一瞬のうちに荷上げできました

あとは枠にはめて ビスやボルトで固定するだけです
2017327_1.jpg

スッキリと設置できました

アルミ枠にアルミ複合板をステンビスで固定し 裏からはシリコンで補強

文字は 長期用シートで貼文字
2017327_2.jpg

腐るとこ おまへん

下から写そうと思ったけど 足場が邪魔で良いように映りません
2017327_3.jpg

あとはカルプ文字を取り付けて完成ですが それは後日です


それから 壁に穴を開けたままになってた現場が

壁クロスの貼り換えが終わったようですので

LEDモジュールの設置と看板の設置に行ってきました
2017327_4.jpg

良い感じに光ります

文字の厚みは乳白色に光っております
2017327_5.jpg

なかなか 怪しい光り方で 色んな業種の看板にも使えそうです

これも 腐るとこナッシングの かなり丈夫な看板です

皆さん どないですか?

スポンサーサイト

壁に穴を開けて~

ある会社の階段踊り場にサイン設置の依頼を請けましたが

限られたスペースで お客さんの要求に近づけた物を取り付けるために

一度 壁に穴を開けてみることにしました

横にあるコンセント穴から覗いた感じでは 使えそうな壁内でした

もし ダメな場合は 壁クロスを貼りかえる工事も入るため

壁を復旧して クロスを貼ってもらう予定です

鋸でガンガン切っていき
2017324_1.jpg

開けて中を調べてみたら やっぱり使えそうです
2017324_2.jpg

上に付いてる看板から 電線を苦労して取り出し

それと連動させて LEDモジュールを仕込みます
2017324_3.jpg

これは 仮に点灯させてみただけです

壁クロスを貼って頂いてから 看板を設置しますので

その時に ちゃんと配置して なるべくまんべんなく光るようにします

お楽しみに


母親が80歳を迎えました 姪っ子たちも中学・高校に進学が決まり

御祝いをかねて 一族揃って 天満天神繁昌亭に落語を聞きにいく予定でしたが

あいにく 肝心の母親が体調を崩し 我が兄弟と その子供たち 総勢11人で行ってきました

まず 昼飯を食らい ビールを飲み

繫昌亭の落語の中入りの時間にも 外へ出てビールを飲み

終わってから ウインドウショッピングを楽しむ女性軍と別れ

またまたビールを飲むのですが さすが天満! 値段設定が狂っています
2017324_5.jpg

それから 子供たちの要望でカラオケに行って

晩飯を食って 帰ってきました
2017324_4.jpg

水曜日もなんと 落語を聞きにいってきました

これは随分前に 嫁さんが行きたいというものですから予約していた分です
2017324_6.jpg

東西の有名どころが揃っての高座は さすがにおもろかった~

森ノ宮なので かつて良く行った店を思い出し あたりをうろつきましたが

お目当ての店は 駅の南東側へ移転していました
2017324_7.jpg

相変わらず 美味いホルモンでした
2017324_8.jpg

この日は 30年物の古い革ジャンを着ていきました

牛革のA2です

本来は馬革ですが 牛革もあります

当時 馬革と悩みましたが この形が気に入って買いました
2017324_9.jpg

丈が短くて 裾のニットがあまり絞られてないやつは あまり無いんです

帰ってきてから 油を塗っておきます

今度着るのは いつになりますやら


またまた本に載せていただけました!

『SIGNS』という業界紙です
2017321_2.jpg


去年の暮れに取材して頂きました

富山大学の教授をしている方でした

広く屋外広告の世界に精通しておられてて

僕たち(Kカンバンも)の親方たちが かつて働いていた『南海廣告社』のことも

良く知っててビックリしました

取材は昼ごはんを挟んで2~3時間程度でした

その時の何気ない会話から ちゃんとした記事になってるのが

僕には驚きでした 凄いもんです

開きで2ページ載せて頂けました
2017321_3.jpg

おっ恥ずかしいものです


嫁さんとは 相撲を観にいってきました

2月5日の前売り券発売開始と同時に電話やネットで買おうと思ったのですが

全然つながりません

繋がった と思ったら 全部売り切れてました

15分後くらいに見たら 奇跡的に空いている椅子席を見つけ

3日目の向う正面椅子席を2枚ゲットできました
2017321_4.jpg

おもろかったー

絵番付も買って 額を作って飾ります
2017321_5.jpg

来年も観戦しに行きたいなぁ


仕事もなんやかんやとやっているのですが

ちゃんと画像に残っているのは これだけでした
2017321_1.jpg


ホワイトデーの義理チョコのお返しに 気持ち悪い物を配ったのですが

自分用にも 買っていまして

そろそろ刈り入れ時期を迎えています
2017321_6.jpg

これで採れたシイタケ めっちゃ美味いんですよ

もうすでに10個ほど食いましたが

まだまだ 50本くらいは出てきそうです

2017/03/21 15:32 |看板COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

象嵌文字の看板と色々 そしてニセ釣り師からは・・・

昔は糸鋸機で大きなアクリや塩ビの板を重ねて抜き文字にし

色違いの下地に違う色の文字をはめ込む とかいう神業みたいな事もやってましたが

今はたぶん もうよぉしません

そこで 文明の利器を借り

下地のアルミ複合板に抜き文字を施し

そこへレーザーカットしたアクリルの切り文字をはめ込む という形の

象嵌文字看板を作成してみました

まず アルミ複合板の抜き文字にアクリの切り文字が合うのか調べます
2017313_1.jpg

ピッタリ嵌るぜベイビー
2017313_2.jpg

裏からアクリの板を貼り付け そこへ切り文字を秘密の方法で溶着します
2017313_3.jpg

切り文字の表面に透明色のシートを貼り付け 完成
2017313_4.jpg

これで 裏面から照らした光が 文字の部分だけを光らせます
2017313_5.jpg

壁をくりぬいた中へLEDを仕込む予定です

完成写真をお楽しみに

その他は 現場で箱文字を外して 塗装後にまた取付たりとか
2017313_6.jpg

何回か来そうな仕事なので 版を作成して
2017313_7.jpg

それを刷り込んだり
2017313_8.jpg

音頭のメンバーの着物に文字を刷り込んだり
2017313_9.jpg

アクリの表札看板を作成したり
2017313_10.jpg

など色々と他にもやっている中

久しぶりに ニセ釣り師から魚を大量に頂き 宴会を催しました
2017313_11.jpg

大変美味くいただきました

文字書きは肘の位置が肝心

10年以上振りに『塗装記録表』なるものを書いた

最近 歩道橋なんかを塗り替えても 記録表はシート切り文字を貼ってることも多いので

すっかり 切り文字に移行してしまったんやと思っていた

今回は 塗装屋さんからの依頼でしたが

一旦はシート切り文字を貼って仕上げたのに『貼りではアカン』と元請けさんから言われ

それを剥がして 僕に依頼がきたようです

大きさや文字数を確認して『ボロカスやな』と考えて挑んだが

手前の微妙な位置に鉄管が通っており 肘が入らない

肘が入らないというのは どういう事かと言いますと

机の奥の方に 垂直に立ってる面の一番下の方へ書く感じである

えんぴつなどでも厳しいが 筆で縦線を書くのは更に厳しい

1時間以上は予定より多くかかった
201737_3.jpg
※画像では鉄管より少し高い位置に見えるが 下の方は鉄管より下に位置します 
3行目くらいから非常に書きにくい状態です

文字の大きさは 一番小さいのが縦2cmx横1.5cm

大変でした~


標識みたいな看板も作りましたよー
201737_1.jpg

アルミのカール板という物を使います 既製品で全て揃います

そこへ下地の反射シートを貼り 文字を入れました
201737_2.jpg

2枚こしらえて 取付は別の業者がやるそうです


そして 3月5日に音頭のイベントがあったものですから

そこへ間に合うように 以前からコソコソと製作していた物があります

色んな寺社仏閣や城とか和船の木製模型というのがキットで販売されてて

前から興味があったので 手始めに 音頭会のマークと同じ宝船に出来るかな と思って

これを購入していました
201737_4.jpg

パーツは殆どが精密にレーザーカットされていて とても組みやすいキットでした

水に漬けて曲げたり 削って合わせたり という事は必要ですが

全然問題なく組めました
201737_5.jpg

帆に宝と書きこみ 幟には宝龍会と入れました

細部まで良くできたものです
201737_6.jpg

なんと内部までキッチリ再現されているんです
201737_7.jpg

それで 屋根なんかを全部張ってしまうと 中が見えないんで 所々を開けてます
201737_8.jpg

ロープの取り回しなんかも再現されてます
201737_9.jpg

それを 看板屋のスキルを使ってアクリケースを作り そこへ入れると
201737_10.jpg

更にグレードアップしました
201737_11.jpg

そして 僕は 作ってしまうと殆ど興味を失うので

音頭の師匠にプレゼントしました

5日のイベントの時は 受付に飾ってもらいました~

音頭イベントの後は『反省会』と称した宴会で締めくくります

下は16歳の女子高生から 上は72歳の大先輩まで 皆で好きな事言い合って楽しんでおります
201737_12.jpg

音頭イベントの模様をブログにアップして下さってる方がいます

興味のある方はご覧になって下さい
http://blog.goo.ne.jp/mamedasensyu/e/70551026fdd858169b3bc513f0bbbe56

2017/03/07 09:52 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»