お盆は大忙し

盆休みは 僕らにとっては 超ハードな期間なのです

特に13・14日あたりまでは 仕事と盆踊りの両立になりますので

フラフラになっています

盆明けに取り付けに行く予定の 看板の屋根を作成しました
2016820_1

骨組みを作り

屋根を張ります
2016820_2

前のやつが老朽化したので 作り変えです

前のは 木に墨汁を塗って 黒くしましたが

今回のはコールタール系の染み込み塗料で防腐し

上面のみウレタンクリアを塗りましたので

強度はアップしてると思います

それを17日に付けてきました
2016820_3

ポールの電照面も取り換えました
2016820_4


盆は どこも盛況でした
2016820_7


不思議な 色んな音の鳴るギターの弦も張り替え
2016820_5

櫓に挑みました

高石で かっこええアングルで写真を撮ってもらいました
2016820_6

あと 数か所残ってますが 頑張ります!

泉州の盆踊りには 色んな昔の風習が遺っております

これは 外部に発信することなく 内部の人間だけで細々と続けてきたからやと思います

町内というか村内の人達だけでやってきた 小さな小さな櫓が

無数に存続しており

村々だけで培ってきたルールが 現在にも遺っているのです

中には『こんな狭い所で 盆踊りが出来るん?』というような会場もありますが

それはそれで その町内に適したキャパシティーなので

程よく 満員になります

踊りに関しても『さぁ 今日は踊りまくるぞー!』というような猛者は 殆どいてなくて

聞いてるうちに または 観ているうちに『ちょっと踊ってみよかな?』という感じで

輪に入ってくるのです

飲んでいる酒も程よく効いてきて 少しずつ少しずつ踊りが増えてきて

その踊りを 上手く捕まえ続けることで

最後に大きな輪ができあがって

最終の伊勢音頭にて『目出度 目出度~』で  大団円となります

踊りを 少しづつ増やして 捕まえ続ける というのが 一番難しくて

音頭と音頭の間に休憩を入れてしまったり

音頭が『どまくれる』※失敗すること  と いっぺんに踊りが無くなります

皆 消極的な踊り子さんなので 我にかえると すぐに休憩してしまいます

我にかえることができなくするように 矢継ぎ早に 音頭とりが交代しながら

音頭を途切らせることなく ノンストップで乗せていかなくてはならないのです

最後は 物凄く良い雰囲気と達成感で終わります

一度 体験しに来て下さい

スポンサーサイト

2016/08/20 10:44 |音頭COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

アツサニマケズ

先週から壁面に文字をいれたりしていた焼肉屋が

いよいよオープンします

開店前のプレオープンに お祝いがてら顔を出してきました
201682_4.jpg

看板の光り具合が気になってましたが

なかなか ええ具合のボンヤリ加減で イケてました
201682_2.jpg

入口上には
201682_3.jpg

怪しいボンボリが灯っております

スタンド看板は どこかのリサイクルショップで買ってきたようで

球と面を入れ替えて仕上げました
201682_1.jpg

これ クルクルと回るんです

繁盛してほしいものです

『焼肉ひろき』 本日オープン!


それから 先週の木曜日は定期健診にて 神戸へ行ってきました

半年に一回なので いつも その時は 嫁はんと行って 飯を食って帰ってくるんですが

何を食おうかと ウロウロしている時に

『国芳・国貞 展』を発見!

見てきましたが 圧倒されました
201682_5.jpg

絵師と彫師と摺師との力の見せ合い というか 意地の張り合い というか

職人技に感心しました

国芳の構図の大胆さも ど迫力!
201682_6.jpg

感動して 化け猫の手拭いを買ってしまいました
201682_7.jpg



それからそれから 我が 泉州音頭宝龍会はシーズンインです

先週の金・土は高石3区の櫓でした

せっかくなので 揃えの紋を入れた着物を着て行ったら
201682_8.jpg

僕以外の2人も着ていました

だんだん増やしていきます

今週の金・土は 高石市綾井町です







2016/08/02 16:37 |看板COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

現代社会において 何故か書きまくっております

まあ 自分で提案してる分もありますが

書く仕事がずっと続いており

かつての看板屋っぽい雰囲気で毎日を過ごせてます

まずは友人がオープンさせる 焼肉屋

『是非 修に 手書きでやってもらいたい』と

嬉しい言葉をもらったものですから 乗ってしまいました

色々と打ち合わせしましたが 僕自身が超久しぶりに作る

木枠+トタン看板 と 壁面文字書きでいくことにしました

トタン看板の方は 先日の記事に書きましたが

壁面文字書きの方の報告をしたいと思います

まずは 型をとり 描いてゆきます

壁面に 結構なシボ(シワのような柄)があるのと 突起があり

更に こげ茶色の上に白文字 ということもあって

『やりにくい』仕事ではありました

それでも 最近書きまくってる事もあり 筆は進みます
2016723_1.jpg

基本 2度書きし 薄く透けてる箇所は 3度書きしてます

この辺 どの程度トメていけば良いかは 経験によって判断します

馬鹿正直に全て3度書きしても このやり方でも

仕上がりに 殆ど違いはありません

わからない程度に『手を抜く』ことをしなければ

1日で終わるとこが2日になり

一人で終わるとこが二人必要になってしまいます

これ意外と時間かかるんです

一人で仕上げれる方が Kカンバン以外に存在するなら

一度 お話したいものです

そして 作業は進みます
2016723_2.jpg

全て 2度書き&3度目タッチアップで進めております

ここからが 見せ所なんですが

ペンキ書きをしてる人にしか わからない事もあるかもしれません

作業順番に注目してください

上の段の焼肉 という文字は赤色で入るのですが

今回 昭和の感じを出すために『朱赤』という色に『黄色』を混ぜた色を使用していて

これは さすがの『大同ハイカラー』でも 非常に『トマり』の悪い色なので

白を塗ります

こげ茶の上に そのまま書いても ややこしい色になってしまうからです

これは カッチリ トメておいた方が良いのは良いですが

その辺は 貫目でやります

あまりやりすぎると せっかくの縁取りの線が わからんようになってしまいます
2016723_3.jpg

先に これを塗るのが肝心なのです

それを乾かす間に 下の文字を 2度塗り&3度目タッチアップをやります
2016723_4.jpg

その間に やや乾きだした白の上へ 赤を乗せます
2016723_5.jpg

これも 一発でキメられへん人には 

下地の白が半乾きなので 溶けてきて えらいことになってしまいます

これで 描き文字は終了です

取り付けた トタン看板と合わせて見たら こんな感じです
2016723_6.jpg

これ シートでやっても 最初は 同じようなもので

わからん人も多いやろけど 

どっこい 書き文字は『経年劣化』も楽しめるのです

シート類が劣化してしもたら 見てられへんような 有様になりますが

ペンキ書きが劣化した場合 得も言われぬ風合いになるんです

15年後に『無価値』になるか 風合いが出てきて『風格』が出るかの違いです

最初から色落ちしたような ストーンウォッシュのジーパンよりも

それなりに作られたジーパンを履き続けて『風格』を出すかの違いと 

良く似ております

僕は この店が 15年も20年も続いていけるように

想いを込めて こういう看板にしてみました

あとは 店主の努力ですね  頑張ってください!

この 書き文字の模様は youtubeに載せてます ご覧ください↓
https://www.youtube.com/watch?v=uw1k1iDJeuk


書き文字の作業はずっと続いております

これは ずっと毎年やらせてもろてる デッカイ工場内の標語看板の書き換えです

まずは 塗り消し
2016723_7.jpg

乾きの早い塗料で塗り消します

で 一気に 文字書き
2016723_8.jpg

簡単に型をとって書いていますが

明朝体というのは なかなか一発で書きにくい書体で

僕には『難しい書体』という 印象があります

これを『書き慣れてる』人も いるでしょうけど


コウバでも 書きまくっております

近所の盆踊りのスポンサー看板です
2016723_9.jpg

泉州は 祭も 盆踊りも 一切 行政がからみません

自分たちで お金を集め 自分たちで運営し 自分たちで警備します

そういった イベントで 交通などいろいろな面でトラブルが起きないように

警察や 役所 という機関と話し合いをしてるだけで

基本は 全て 自分たちでやる文化があります

それで 色んな 昔ながらの特色が遺ってるんやと思います

行政からの指導など『聞く気もない』のです

各町会と関連する お店や会社から 寄付を頂いて

祭や 盆踊りを『自分たちのやりたいように』やり続けています

頑張って やり続けてほしいものです

2016/07/23 19:06 |書き文字COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

書き文字が続いております

なんか書き文字し続けています

まずは友人が焼肉屋をオープンさせるので

その店の看板

当初 建物壁面へ直接書こうかと思ってたのですが

壁面形状と色が少しやりにくい物でしたので

昔ながらのトタン看板を提案しました

木枠へトタンを打ち付け ペンキで文字を書いたやつです
2016716_1.jpg

壁へ取り付けたあと 周りにペンキ塗りの胴縁で額をつけます
2016716_2.jpg

店が10年も続いた頃には 自然な劣化で完璧な風合いになるでしょう

エージングとか呼ばれる技法で

昭和っぽい看板を作る方法がもてはやされてますが

テーマパーク的な場所ならともかく

普通のお店の看板として あんな事やってしもた場合

5~6年後には どんな風合いになってしまうんでしょうか?

『三丁目の夕日』などのセットに使われてる看板など 絶賛されてましたが

僕が一番違和感を感じるのが

昭和の その頃は その看板ももっとサラッピンで綺麗な状態でしたよ

あんなに錆びた看板だらけの街ちゃうで という事です

永年続いた店やから看板に風格が出たのであり

昔はみんな新品やったのです

だから この看板がボロボロになるまで続いて欲しい という気持ちを込めて

サラッピンのトタン看板を久しぶりに作りました


大阪市の京橋では 木製の壁面へ書いてきました
2016716_3.jpg

下地の木地が浮き出るので 書きで仕上げて正解でした

でもこれは 下地の木地が経年劣化でどないなっていくかで

数年後の風合いが左右されますね

恐らく 反りが出たり 隙間が空いたり 表面の白の薄い塗装が剥げて色変わりしたり

その時には白文字の方が映えるかもしれません


浜寺ではアパートの壁面へ 英文字を書いてきました
2016716_5.jpg

これ 先日にも書いたんですが

壁の色がベージュで 文字が白文字やった為

『見えにくい』という事で 下地塗装からやりなおしになったんです

『見えにくいで』というたのに『それでええ』って言うもんですから やったのに

難儀なもんです

もちろん 料金は2回分頂きますが

一回書いたものを消して もう一回書く というのは

たとえ料金が出ても なんか非常に疲れるんです

なんでやろ?


それからそれから 先日のシルクスクリーン印刷の版で やりましたよー

音頭をとる時に着る着物は『安物』なんです

真夏の夜に屋外で熱唱するのですから 汗でビショビショになります

正絹の生地やと 洗えないので

洗いまくれるポリエステルやナイロンの絽なんです

そういった生地を見つけてきては 仕立てに出して着物を作ります

ポリエステルの染色は特殊なようで『染め抜き』が難しいのです

当初は『染め抜き剤』的なものを買ってきて それを版で刷り込めば

文字だけが色抜き出来るのではないか と考えていて

2種類ほど『染め抜き剤』なるものを少量だけ買って試してはみましたが

全然だめでした

Tシャツのラバープリントに使う熱圧着シートの切り文字を貼る

という事も 多くの方がやっていますが

絽の透けた生地にラバーを貼ると 貼った感満載で なんか安っぽくて恰好悪いので

印刷しかない と思いチャレンジしました

生地を見つけ 仕立てに出し 形にしてから やってみました

これ 失敗したら せっかく作った着物が台無しになってまうので緊張しましたが

大成功でした
2016716_4.jpg

裾に屋号 と 五つ紋です

紋も落語家や歌舞伎役者の着物みたいに やや大きいやつを入れました

ある程度の透けも出て パッと見は『染め抜き』に見えなくもない仕上がりになりました

今年は数人が揃える予定です

泉州音頭宝龍会に注目しといてください

2016/07/16 09:30 |書き文字COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

看板の照明を増やしてきました

一応 一灯で全て届いているんですが

看板配置が いびつな為 端の方がだいぶ暗いようでした

看板灯を付ける箇所が限られていますので

最初は一灯だけでやってみました(3月頃)
みゆき2016_3

この写真で言えば 右端の方や下端の方が やや暗かったのと

変な補強足が邪魔やったので

改修工事に行ってきました

先日も使った足場を組み

まずは 看板をモロに邪魔している 謎の補強足を加工しました
2016711_1.jpg

続いて 看板灯を付ける為の足を溶接しました
2016711_2.jpg

あとは看板灯をボルトオンです
2016711_3.jpg

反対側から見れば 謎の補強足が無くなったこともあって
2016711_4.jpg

スッキリしました

今度 光ってるとこ見に行ってこよ

しかし 現場作業は暑かった

やや薄曇りになることもあったが ヤバかった

長年使い続けてきた スローモーションという技がなかったら

死んでいたかもしれない

2016/07/11 09:08 |看板灯交換COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»